コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アギーレ・神の怒り

デジタル大辞泉プラスの解説

アギーレ・神の怒り

1972年製作の西ドイツ映画。原題《Aguirre, der Zorn Gottes》。監督:ベルナー・ヘルツォーク、出演:クラウス・キンスキー、ヘレナ・ロホ、ルイ・グエッラほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アギーレ・神の怒り
あぎーれかみのいかり
Aguirre, der Zorn Gottes

ドイツ映画。1972年製作。「ニュー・ジャーマン・シネマ」とよばれる、1960年代に始まるドイツ映画の新しい世代を担った監督の一人、ウェルナー・ヘルツォークの名を世界に知らしめた作品で、『タイム』誌が選ぶ「歴代映画100選」(2005)に選出されている。16世紀なかば、実在したスペインの軍人ロペ・デ・アギーレLope de Aguirre (1510/1515―1561)のアマゾン探検の史実をもとに、欲望と妄想にとらわれた人間の破滅への軌跡を描く。伝説の黄金郷エルドラドを目ざす探検隊の副隊長アギーレはしだいに正気を失い、自ら帝国を築く願望を抱くようになる。彼は隊長を殺して隊を乗っ取るが、一行は熱病と飢えに苦しんだあげく、先住民の攻撃を受けて壊滅。生き残ったアギーレの執念のことばがジャングルに響き渡る。
 断崖絶壁の岩山の細い道に延々と連なる行軍を捉えた冒頭シーンなど、16世紀の探検に同行しているかのような迫真性と、それ自体が生きているようなジャングルの神秘的な大自然、そしてアギーレを演じる性格俳優クラウス・キンスキーKlaus Kinski(1926―1991)の強烈な存在感が観る者を圧倒する作品。[濱田尚孝]
『『解凍!ヘルツォーク』(2000・パンドラ、現代書館発売)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アギーレ・神の怒りの関連キーワードヘルツォーク(Werner Herzog)ヴェルナー ヘルツォーク

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android