コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アギーレ・神の怒り

2件 の用語解説(アギーレ・神の怒りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

アギーレ・神の怒り

1972年製作の西ドイツ映画。原題《Aguirre, der Zorn Gottes》。監督:ベルナー・ヘルツォーク、出演:クラウス・キンスキー、ヘレナ・ロホ、ルイ・グエッラほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アギーレ・神の怒り
あぎーれかみのいかり
Aguirre, der Zorn Gottes

ドイツ映画。1972年製作。「ニュー・ジャーマン・シネマ」とよばれる、1960年代に始まるドイツ映画の新しい世代を担った監督の一人、ウェルナー・ヘルツォークの名を世界に知らしめた作品で、『タイム』誌が選ぶ「歴代映画100選」(2005)に選出されている。16世紀なかば、実在したスペインの軍人ロペ・デ・アギーレLope de Aguirre (1510/1515―1561)のアマゾン探検の史実をもとに、欲望と妄想にとらわれた人間の破滅への軌跡を描く。伝説の黄金郷エルドラドを目ざす探検隊の副隊長アギーレはしだいに正気を失い、自ら帝国を築く願望を抱くようになる。彼は隊長を殺して隊を乗っ取るが、一行は熱病と飢えに苦しんだあげく、先住民の攻撃を受けて壊滅。生き残ったアギーレの執念のことばジャングル響き渡る
 断崖絶壁の岩山の細い道に延々と連なる行軍を捉えた冒頭シーンなど、16世紀の探検に同行しているかのような迫真性と、それ自体が生きているようなジャングルの神秘的な大自然、そしてアギーレを演じる性格俳優クラウス・キンスキーKlaus Kinski(1926―1991)の強烈な存在感が観る者を圧倒する作品。[濱田尚孝]
『『解凍!ヘルツォーク』(2000・パンドラ、現代書館発売)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アギーレ・神の怒りの関連キーワード西ドイツことの次第さすらいシュトロツェクの不思議な旅バグダッド・カフェフィツカラルドマリア・ブラウンの結婚U・ボートルートヴィヒ西ドイツ映画

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone