コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクイレイア Aquileia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクイレイア
Aquileia

アドリア海北岸に位置するローマの古代都市。前 181年ローマ人が北辺防衛と近隣の金鉱採掘のためにこの地に植民市 (コロニア ) を創設。交通と戦略の要衝として栄え,帝政時代には大都市となったが,452年アッチラに略奪され,市民はベネチアに逃れた。6世紀にはランゴバルド族の支配下に入り衰退。一方,3世紀中頃にできたカトリック司教座は5世紀に首都司教座 (メトロポリタン) となったが,533年ローマから分離,みずから総大司教座 (パトリアルカ) を名のった。ローマ教皇セルギウス1世 (在位 687~701) のときローマと和解。その後発展し,11世紀にはフリウリ,カルニオラ (1077) ,イストリア (1209) を領地とする公国となったが,1419~20年フリウリがベネチアに奪われ,1445年完全にその支配下に属した。 1751年大司教座に降格。現在はイタリアのフリウリベネチアジュリア州ウディネ県の村。ローマ時代の遺跡と司教座聖堂は,1998年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アクイレイア(Aquileia)

イタリア北東部、スロベニア国境に近い古代ローマの都市遺跡。紀元前181年にローマ人が造った軍事的植民都市がその起こりで、その後も商業都市として栄えたが、5世紀半ばにフン族の侵入によって壊滅した。4世紀に創建された初期キリスト教遺構、バシリカ総主教聖堂は、その後改装を重ね、11世紀には大規模な改装がされている。1998年「アクイレイアの遺跡地域と総主教聖堂バシリカ」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

アクイレイア【Aquileia】

アドリア海の北端に面した古代ローマの都市。現在はイタリア北東部のウディネ南方約30kmにある町。前181年にローマが,ここを占拠していたガリア人を追い払ってラテン植民市として建設した。最初はガリア人の侵入を防ぐという軍事的な目的を持った要塞都市であったが,土地が肥沃なこと,近隣に豊かな金属鉱山があったこと,交通の要衝に位置したことなどの条件に恵まれて,大きな商工業都市として発展した。特に帝政初期にはしばしば〈第2のローマ〉とよばれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アクイレイアの関連キーワードコンスタンティヌス[2世]セルギウス2世アエミリア街道ヒエロニムスアドリア海ピウス1世

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android