コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクイレイア アクイレイア Aquileia

3件 の用語解説(アクイレイアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクイレイア
アクイレイア
Aquileia

アドリア海北岸に位置するローマ古代都市。前 181年ローマ人が北辺防衛と近隣の金鉱採掘のためにこの地に植民市 (コロニア ) を創設。交通と戦略の要衝として栄え,帝政時代には大都市となったが,452年アッチラに略奪され,市民はベネチアに逃れた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アクイレイア(Aquileia)

イタリア北東部、スロベニア国境に近い古代ローマの都市遺跡。紀元前181年にローマ人が造った軍事的植民都市がその起こりで、その後も商業都市として栄えたが、5世紀半ばにフン族の侵入によって壊滅した。4世紀に創建された初期キリスト教遺構、バシリカ総主教聖堂は、その後改装を重ね、11世紀には大規模な改装がされている。1998年「アクイレイアの遺跡地域と総主教聖堂バシリカ」として世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アクイレイア【Aquileia】

アドリア海の北端に面した古代ローマの都市。現在はイタリア北東部のウディネ南方約30kmにある町。前181年にローマが,ここを占拠していたガリア人を追い払ってラテン植民市として建設した。最初はガリア人の侵入を防ぐという軍事的な目的を持った要塞都市であったが,土地が肥沃なこと,近隣に豊かな金属鉱山があったこと,交通の要衝に位置したことなどの条件に恵まれて,大きな商工業都市として発展した。特に帝政初期にはしばしば〈第2のローマ〉とよばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アクイレイアの関連キーワードオトラントラウィニウムリミニソリンビラ・アドリアーナブドバローマの七丘アドリア海襲撃指令アドリア海の復讐ペーザロ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone