コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクセスポイント あくせすぽいんと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アクセスポイント

無線LANで、複数のクライアントをネットワークに接続するために電波を受ける装置。有線LANにおける「ハブ」の役割を果たす。無線LAN無線LANにおける、パソコンとモデムなどの中継器のこと。有線LANのハブの役割を担う。製品によっては、ルーターに内蔵されているものもある。無線LANハブ基地局ネットワークに外部から接続するためにサービス側が設置した基地局のこと。大手インターネットサービスプロバイダーなどでは、ユーザー側の電話料金の負担を軽減するため、全国各地にアクセスポイントを設置している。また、アクセスの集中や回線の混雑を避けるため、ひとつの地域に複数設置する場合もある。インターネットサービスプロバイダー

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵の解説

アクセスポイント

ネットワークに接続するための入り口のこと。ブロードバンド回線普及以前、一般電話回線でのモデムを使った通信が一般的だった時代には、インターネット網へアクセスするための電話番号を指すのが一般的だった。しかし現在は、無線LANによってネットワークに接続するための場所を指す場合が多くなっている。

(西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

アクセスポイント

「接続点」の意味ですが、パソコンでは主に2つの意味で使われます。
まず、無線LANの「親機」の呼び名です。無線LANを使うパソコンは、親機であるアクセスポイントと無線で通信し、そこから有線LANのネットワークにつながります。
もうひとつは、ダイヤルアップ接続でインターネットを利用する際に、電話をかける相手先です。
⇨ダイヤルアップ接続、
プロバイダー、無線LAN

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

大辞林 第三版の解説

アクセスポイント【access point】

商用のコンピューター-ネットワークなどが、各地に設けているホスト-コンピューターへの接続の中継点。 AP 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

アクセスポイント

“そのもとで,書誌レコードを探索し識別することのできる名称,用語,コードなど”(『英米目録規則第2版日本語版』用語解説).MARCレコードを蓄積した目録や書誌のデータベースでは,一定の形式に整えた標目はもとより,刊行年,出版国コード,言語コード,各種の標準番号,その他のコード化情報,さらにはシステムによっては記述中に出現する文字列をも検索用のキー(検索語)として用いることができ,それらすべてを包含した用語がアクセスポイントである.したがって,標目に比べて広い範囲を包含する用語である.なお,便宜的に標目と同義で用いられることも多い.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

アクセスポイントの関連キーワード2007 Microsoft Office systemMicrosoft Office SpecialistNetFront Life Documentsservice access pointワイヤレスLANアクセスポイントインフラストラクチャー・モードインフラストラクチャーモードワイヤレスアクセスポイントインフラストラクチャモードWiFiアクセスポイントNetStumblerfree accessマイクロソフトオフィスアド・ホック・モードウォードライビングフレッツ・スポット無線LANブリッジWiFiブリッジモバイルルーターFREESPOT

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アクセスポイントの関連情報