コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサガラ Pterostyrax corymbosa Sieb.et Zucc.

2件 の用語解説(アサガラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アサガラ【Pterostyrax corymbosa Sieb.et Zucc.】

日当りの良い谷間に生えるエゴノキ科の落葉高木で,材は柔らかく折れやすいので,皮をとったアサの茎,すなわち麻殻にたとえられる。高さ15mに達する。葉は互生し,広楕円形で先端が急にとがり,長さ6~14cm,縁に先が腺となる低い鋸歯があり,質はやや厚い。5~6月ごろ,前年枝の側芽から2~3枚の葉をつけた円錐花序を下垂する。花は白く,長さ約1cm,横断面が五角形の萼筒の先に,5裂した花冠と10本のおしべがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アサガラ
あさがら / 麻殻
[学]Pterostyrax corymbosa Sieb. et Zucc.

エゴノキ科の落葉小高木。高さ5~10メートルになる。樹皮は淡灰褐色でコルク層が発達し、縦に裂け、若枝に星状毛がまばらにつく。葉は互生し、広楕円(こうだえん)形または広倒卵形、長さ8~18センチメートルで先は短くとがり、縁には先の曲がった短い芒(のぎ)状の低い鋸歯(きょし)がある。5~6月、前年枝に2~3枚の葉を伴った長さ10センチメートル前後の円錐(えんすい)花序を下垂し、白色花が偏側性の穂状につく。花弁は5枚、ほとんど離生して半開し、倒披針(とうひしん)形、長さ1センチメートル、雄しべは10本ある。果実は10月に熟し倒卵形、長さ1センチメートル程度で5翼があり、先に花柱が残って、星状毛を密布している。本州の近畿地方以西と四国、九州、および中国中部に分布する。和名は、材が軽くて軟らかく、折れやすいので、麻の茎から繊維をとったあとのオガラすなわち麻殻(あさがら)に例えたもの。辺材は幅が広くて白く、器具材、マッチの軸木などにする。アサガラ属は東アジアに4種あり、オオバアサガラは本州の宮城・山形県以西と四国、九州および中国中部に分布し、アサガラに比べ、若枝はほとんど無毛、葉と花序が大きく、果実は狭倒卵形で10稜(りょう)があり、淡黄褐色の長毛を密生する。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アサガラの関連キーワード白樺赤四手瓜の木えごのき萵苣の木白雲木ぼろぼろの木麻殻大葉麻殻科の木

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アサガラの関連情報