コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサガラ Pterostyrax corymbosa Sieb.et Zucc.

世界大百科事典 第2版の解説

アサガラ【Pterostyrax corymbosa Sieb.et Zucc.】

日当りの良い谷間に生えるエゴノキ科の落葉高木で,材は柔らかく折れやすいので,皮をとったアサの茎,すなわち麻殻にたとえられる。高さ15mに達する。葉は互生し,広楕円形で先端が急にとがり,長さ6~14cm,縁に先が腺となる低い鋸歯があり,質はやや厚い。5~6月ごろ,前年枝の側芽から2~3枚の葉をつけた円錐花序を下垂する。花は白く,長さ約1cm,横断面が五角形の萼筒の先に,5裂した花冠と10本のおしべがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アサガラ
あさがら / 麻殻
[学]Pterostyrax corymbosa Sieb. et Zucc.

エゴノキ科の落葉小高木。高さ5~10メートルになる。樹皮は淡灰褐色でコルク層が発達し、縦に裂け、若枝に星状毛がまばらにつく。葉は互生し、広楕円(こうだえん)形または広倒卵形、長さ8~18センチメートルで先は短くとがり、縁には先の曲がった短い芒(のぎ)状の低い鋸歯(きょし)がある。5~6月、前年枝に2~3枚の葉を伴った長さ10センチメートル前後の円錐(えんすい)花序を下垂し、白色花が偏側性の穂状につく。花弁は5枚、ほとんど離生して半開し、倒披針(とうひしん)形、長さ1センチメートル、雄しべは10本ある。果実は10月に熟し倒卵形、長さ1センチメートル程度で5翼があり、先に花柱が残って、星状毛を密布している。本州の近畿地方以西と四国、九州、および中国中部に分布する。和名は、材が軽くて軟らかく、折れやすいので、麻の茎から繊維をとったあとのオガラすなわち麻殻(あさがら)に例えたもの。辺材は幅が広くて白く、器具材、マッチの軸木などにする。アサガラ属は東アジアに4種あり、オオバアサガラは本州の宮城・山形県以西と四国、九州および中国中部に分布し、アサガラに比べ、若枝はほとんど無毛、葉と花序が大きく、果実は狭倒卵形で10稜(りょう)があり、淡黄褐色の長毛を密生する。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アサガラの関連キーワード日当り麻木

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android