コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシュート アシュートAsyūt

5件 の用語解説(アシュートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アシュート
アシュート
Asyūt

エジプト中部,アシュート県の県都。カイロの南 376km,ナイル川西岸にある上エジプト最大の都市。古代エジプトではスユートの名称で知られ,ジャッカルの頭をした神ウェップワウェット信仰の中心地として,また東部と西部の砂漠横断隊商路の終着地として栄えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アシュート
アシュート

シュート」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アシュート

エジプト,上エジプト地方の同名州の州都。アラビア語ではアスコート。カイロの南方約340km,ナイル川岸に位置する。古代エジプト,イスラム帝国時代を通して上エジプト地方の政治・経済の要地であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アシュート【Asyut】

エジプト中東部,アシュート州の州都で,中部エジプト最大の都市。アラビア語ではアスユートAsyūṭ。人口32万1000(1992)。ナイル川西岸に位置し,交通至便の地であるため,古代から政治・経済上重要な役割を果たしてきた。中王国時代には付近に大きな影響を与えるほど繁栄していた。ギリシア時代はリュコポリス(山犬の都市)とよばれ,コプト教徒が多く住んでいた。その後イスラム時代になると中継交易地として一段と発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アシュート
あしゅーと
Asyut

エジプト中部、ナイル川中流の左岸にある都市。アシュート県の県都で、商業、工業、学術文化の中心地である。人口34万3662(1996)。農産物の集散地であり、製糖、繊維、化学肥料などの工場がある。木の彫刻、皮細工、陶芸なども有名。近くに、ナイル川からイブラーヒーミア運河(268キロメートル)に分水するためのアシュート堰堤(えんてい)がある。古代エジプトではリコポリスあるいはシュートとよばれて栄えたが、のち衰微し、近世に隊商の拠点として再興した。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アシュートの関連情報