コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジア・アフリカ作家会議 アジアアフリカさっかかいぎ

2件 の用語解説(アジア・アフリカ作家会議の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アジア・アフリカ作家会議【アジアアフリカさっかかいぎ】

アジア・アフリカ地域の文学者組織。Afro-Asian Writers' Association。略称はAA作家会議。1956年ネルー首相らを発起人としてニューデリー開かれたアジア作家会議の呼びかけに基づき,アジア・アフリカ両地域の連帯を深め文化の交流と発展を期して1958年タシケントで第1回会議が開催されたのに始まる。
→関連項目針生一郎堀田善衛

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アジア・アフリカ作家会議
あじああふりかさっかかいぎ

インド人作家たちの呼びかけで1956年12月インドのニュー・デリーで開かれたアジア作家会議(参加17か国。日本代表団長堀田善衛(ほったよしえ))がその始まりで、アジア、アフリカ両大陸連帯の必要性を背景に、1958年10月第1回会議(37か国。団長伊藤整)がウズベキスタン共和国のタシケントで開かれ、「タシケント精神」(反帝国主義、反植民地主義)を確認した。日米安保条約反対運動を背景に1961年3月、緊急大会(20か国。団長石川達三)を東京で、翌1962年2月、第2回大会(43か国。団長木下順二)をエジプトのカイロで開催。1964年に予定していた第3回ジャカルタ大会はインドネシアの政情不安のため中止になった。その後中ソ対立のあおりで分裂、コロンボ(スリランカ)にあった常設事務局も、北京(ペキン)とカイロに分かれた。結局1967年3月、第3回大会(43か国。団長長谷川四郎)がレバノンのベイルートで、1970年11月、第4回大会(32か国。団長堀田善衛)がインドのニュー・デリーで、第5回大会(64か国。団長野間宏(のまひろし))が1973年9月にカザフスタン共和国のアルマ・アタ(アルマトイ)で開かれた。その後エジプトがアラブ諸国内部で孤立を深めるなかで1978年、サダト政権の文化大臣だったユースフ・エルーセバイ議長がキプロス島でのAA連帯会議に出席中暗殺された。以後カイロ常設事務局は機能停止のまま、1979年7月、第6回大会(58か国。団長堀田善衛)がアンゴラのルアンダで開かれた。なお、1968年から季刊文芸誌『アジア・アフリカ文学』(1971年『ロータス』に改名)を発行、1969年にロータス賞を設定し、日本人では、1972年度に野間宏が、1978年度堀田善衛、1985年度立松和平が受賞した。
 また日本では、自主路線を貫き、独自の文化運動を目ざす日本アジア・アフリカ作家会議が1973年(昭和48)に結成され、1974年に日本アラブ文化連帯会議を、1981年にはアジア・アフリカ・ラテンアメリカ文化会議を開催、成功させた。その後、機関誌のみ続刊されていたが、1990年代に国際情勢の変化もあって、会自体が自然消滅し、機関誌『aala』を根気強く支えてきた事務局長栗原幸夫(1927― )も、1997年(平成9)2月をもって同誌の終刊を宣言し、名実ともに、アジア・アフリカ作家会議はその使命を終えて、幕を閉じたことになる。[土屋 哲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アジア・アフリカ作家会議の関連キーワードアフリカ統一機構西アジア東アジアアジアアフリカ会議アフリカ菫アフリカ象アフリカ舞舞ブラックアフリカ南アフリカ汎アフリカ主義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone