コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスエラ アスエラ Azuela, Mariano

4件 の用語解説(アスエラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アスエラ
アスエラ
Azuela, Mariano

[生]1873.1.1. ハリスコ,ラゴスデモレノ
[没]1952.3.1. メキシコシティー
メキシコの作家。医者を志し,勉学の過程で,社会不正に抗議すべくペンをとる。メキシコ革命が始ると同時にそれに参加したが,その理想と現実との矛盾を目の前にして,ペシミスティックな人間観をいだくにいたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アスエラ【Mariano Azuela】

1873‐1952
メキシコの小説家。主要作品《下層の人々》(1916)は,メキシコ革命文学のジャンルを確立したものといわれ,革命戦争に参加したカウディーリョひとり,デメトリオ・マシアスの波乱にみちた生涯を,ゾラ的な乾いた手法とペシミスティックな目で描いている。彼自身も,フランシスコ・ビリャ派の医師として革命に参加した経験を持っている。メキシコ革命【神代 修】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アスエラ【Mariano Azuela】

1873~1952) メキシコの小説家。1910年代の、メキシコ革命に巻き込まれた人々の悲劇をリアリズムで描いた「虐げられた人々」で革命小説のジャンルを開いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アスエラ
あすえら
Mariano Azuela
(1873―1952)

メキシコの小説家。グアダラハラ大学医学部在籍中から創作活動を始めるが、『毒草』(1909)などの初期の作品にはフランス自然主義の影響がみられる。1910年に革命が勃発(ぼっぱつ)すると革命軍側を支持し、やがて軍医として従軍するが、自軍の敗北により渡米。1915年、エル・パソで『虐げられし人々』(1916)を『パソ』誌に連載。革命に参加した人々の姿と、彼らの挫折(ざせつ)感を簡潔な文章で赤裸々に描いたこの小説は、『ボスたち』(1917)、『蠅(はえ)』(1918)とともにメキシコ革命小説というジャンルを確立する。1917年にメキシコ・シティに移り、無料診療所で働きながら、貧民街のありさまを『不運』(1923)、『蛍』(1932)などに描き、晩年は大学で教鞭(きょうべん)をとった。[安藤哲行]
『高見英一訳『虐げられし人々』(『全集・現代世界文学の発見9』所収・1970・学芸書林)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アスエラの関連キーワードメキシコ湾流ルルフォアメリカメキシコ戦争メキシコ銀メキシカンペドロパラモ燃える平原風雲のメキシコメキシコ・セットメキシコのダンス

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone