アズサ(読み)あずさ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アズサ
あずさ / 梓

アズサとよばれる植物については古くからいろいろな説がある。貝原益軒はノウゼンカズラ科のキササゲにあて、小野蘭山(らんざん)は『本草綱目啓蒙(けいもう)』のなかでトウダイグサ科のアカメガシワとしている。しかし植物学者白井光太郎は、カバノキ科のヨグソミネバリであるとし、梓弓(あずさゆみ)の産地であった山梨、長野両県には多くの自生があること、また、アズサという方言もあり、材料としても適当であるなど根拠を示した。[小林義雄]
 なお、縄文時代の鳥浜(とりはま)遺跡(福井県)から出土した弓は、材が判明したものの大半がカシでつくられており、ヨグソミネバリのものはない。しかし『万葉集』には梓弓を詠んだ歌が33首もあり、正倉院にもヨグソミネバリの弓が残されている。[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android