コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アズハル・モスク Jāmi'at al-Azhar; al-Azhar University

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アズハル・モスク
Jāmi'at al-Azhar; al-Azhar University

エジプトのカイロにあるイスラム教モスクおよび大学。970年創設。ファーティマ朝エジプトを征服した翌年に建設が始まり,972年に完成した。最初はシーア派のモスクであったが,アイユーブ朝の成立によってスンニー派のモスクとなり,またこの頃から教育,研究機関としての機能も備えるようになった。おもな教育科目は神学,法学,伝承学,言語学,修辞学であったが,19世紀後半からムハンマド・アブドゥフらによって近代的な改革が施された。1961年に拡張,再編成が行なわれ,今日でもイスラム研究の中心的な存在であり,世界各地から数多くのイスラム教徒が集まり信仰と勉学の生活を送っている。イスラム神学イスラム法,アラビア研究,工学,医学,商学,農学,言語などの学部に加え,イスラム女子カレッジを有する。中庭をめぐるアーケードは 12世紀の再建で,全体的に 19世紀にいたるまでたびたび増改築されている。スタッコによる装飾,柱頭,四芯アーチなどにイブン・トゥールーン・モスクの影響がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アズハル・モスク
あずはるもすく
Al-Azhar Mosque

エジプトの首都カイロにあるイスラム寺院。創立は970年で、併設されたマドラサ(モスク付属の学校)が、のちにイスラム世界の教学の中心となり今日のアズハル大学にまで発展した。一部の学生は現在もモスク内の学寮に起居して学んでいる。当初の建物は中央のミヒラーブ(メッカの方向を示す壁面のくぼみ)のあたりに残っているだけで、あとの大部分は14~16世紀マムルーク朝時代の増改築によるものである。5本の壮麗なミナレット(塔)がそびえ、堂内には375本の石柱が林立し、祈る人たちの姿が絶えない。この寺院のあるカイロは1979年世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[紅山雪夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアズハル・モスクの言及

【カイロ】より

…カイロは16世紀には一時繁栄を取り戻したが,その後振るわず,1770年代以降のマムルークの争いなど政治的混乱でどん底に落ち,市中の各所に荒廃した部分がみられた。1798‐1801年のナポレオン軍占領下にカイロ市民は2回反乱を起こしたが鎮圧され,このときムカッタムの丘からの砲撃でアズハル・モスク付近がかなり破壊された。
[近代化と中心の移動]
 ナポレオン軍撤退後のエジプトは,諸軍事勢力が入り乱れてカイロもしばしば略奪をうけたが,そのなかに大商人とウラマーを指導層とする一種のコミューンが生まれて大衆を武装させ,その力でオスマン帝国の総督を追って,アルバニア人傭兵隊長ムハンマド・アリーを総督に推戴し,やがてオスマン帝国にこれを認めさせた(1805)。…

※「アズハル・モスク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アズハル・モスクの関連キーワードファーティマ朝美術カイロ歴史地区ファーティマ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android