コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アセタケ(汗茸) アセタケ Inocybe rimosa

2件 の用語解説(アセタケ(汗茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アセタケ(汗茸)
アセタケ
Inocybe rimosa

担子菌類マツタケ目フウセンタケ科。傘は円錐状の鐘形,径2~4cm,縁は内側に向って巻いているが開ききると裂ける。薄い黄土色でのちに紫色を帯びる。林中の地上に生える。有毒菌。同属のものにはクロトヤマタケ,シロトヤマタケ,キイロアセタケ,カバイロトヤマタケなど多くの種が知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アセタケ【アセタケ(汗茸) Inocybe】

担子菌類ハラタケ目フウセンタケ科の毒キノコイラスト)。1907年,東京の小石川植物園に中毒事件が発生し,川村清一により学名Inocybe rimosa (Fr.) Quél.が採用された。しかしこの学名そのものに疑問があり,日本のアセタケの学名はまだ未解決である。和名は滝のように汗をだすという異常な中毒症状に由来する。この特異な症状のため医学界からも注目されたが,その後アセタケなるキノコによる中毒がでないため,アセタケの正体は不明のままでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アセタケ(汗茸)の関連キーワードイグチ(猪口)イッポンシメジ(一本占地)ツキヨタケ(月夜茸)ヒトヨタケ(一夜茸)フウセンタケ(風船茸)ベニタケ(紅茸)シメジタマゴタケハラタケテングタケ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone