コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アセトンブタノール発酵 アセトンブタノールはっこう acetone‐butanol fermentation

2件 の用語解説(アセトンブタノール発酵の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アセトンブタノールはっこう【アセトンブタノール発酵 acetone‐butanol fermentation】

嫌気性細菌の1種であるクロストリディウム属のClostridium butyricum,C.acetobutylicumなどにより糖質からブタノールアセトンなどを生成する発酵で,同時にエタノール,酪酸,酢酸,炭酸ガス,水素ガスなども生成する。生産菌が酸素によって死滅する性質を有するため,本発酵は無酸素の条件下で行われる。生産物の比率は菌の種類,発酵条件を選択することによって変化し,主として酪酸を生成するようにすることも可能であり,その場合には酪酸発酵と称される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アセトンブタノール発酵
あせとんぶたのーるはっこう

クロストリジウムに属する細菌にみられる発酵の一種。この細菌は、酸素のないところで炭水化物を摂取して、アセトンやブタノールを放出し、この過程で得られたエネルギーを利用して生きている。アセトンブタノール発酵は19世紀末に発見されて以来、トウモロコシ、蔗糖蜜(しょとうみつ)、デンプン粕(かす)、サツマイモなどを原料とし、この細菌を利用してアセトンやブタノールを製造し、一時はアセトンの工業的製法として大規模に行われた。炭水化物は解糖や発酵と同様の経路を経てピルビン酸を生じ、さらにアセチル補酵素Aに変化し、これからアセトンやブタノールを生ずる。同時に酪酸、酢酸、エタノールなどの副産物とともに二酸化炭素(炭酸ガス)と水素を放出する。[飯島康輝]
『友枝幹夫ほか著『微生物の性状と機能』(1990・弘学出版) ▽村尾澤夫・荒井基夫編『応用微生物学』改訂版(1993・培風館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アセトンブタノール発酵の関連キーワード嫌気性細菌好気性細菌通性嫌気性細菌メタン細菌トリモンティウムクロストリジウム属嫌気性菌好気生物フラボバクテリウム

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone