アダムシャール(英語表記)Johann Adam Schall von Bell

大辞林 第三版の解説

アダムシャール【Johann Adam Schall von Bell】

1591~1668) ドイツのイエズス会宣教師。中国名、湯若望とうじやくぼう。1622年中国に渡り、明・清両朝に仕えて西洋の天文学・暦学を紹介。徐光啓らと完成させた編訳書「崇禎暦書」は著名。シャル=フォン=ベル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

アダム‐シャール

(Johann Adam Schall von Bell ヨハン━フォン=ベル) ドイツのイエズス会宣教師。中国名は、湯若望。一六二二年中国に渡り、明・清朝のもとで西洋暦法の紹介、望遠鏡、鉄砲の製造などを行なう。のちキリスト教排斥運動のため投獄され、獄中で没した。(一五九一‐一六六六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android