アダージョ(読み)あだーじょ(英語表記)adagio イタリア語

日本大百科全書(ニッポニカ)「アダージョ」の解説

アダージョ
あだーじょ
adagio イタリア語

音楽の速度標語。イタリア語のadagiare(くつろがす)を語源にもつ。おそらく1611年にイタリア人バンキエリが彼の作品に用いたのが、速度標語としての最初であろう。当初は文字どおりの「くつろいで」や、または「もっとも遅いテンポで」を意味していたが、現在では一般にアンダンテとラルゴの間の速さ「静かに緩やかに」を意味する。また、ソナタや交響曲などにみられる、ゆっくりとした第2楽章(緩徐楽章)を示す用語としても用いられる。

[黒坂俊昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アダージョ」の解説

アダージョ
adagio

音楽用語。イタリア語で「ゆったり」の味。ラルゴに次いでゆるやかな速度示し転義して,同上の速度で書かれた歌謡風の楽章をさす。

アダージョ
adagio

バレエ用語。フランス語でアダージュ adageともいう。緩慢で優雅な一連のパ (ステップ) から構成される基礎練習の1種。または古典バレエのグラン・パ・ド・ドゥやパ・ド・トロワの最初の部分で,バレリーナがパートナーの男性に腰や手を支えられて踊るゆるやかな踊りアラベスクアティチュードなどのポーズを用いて身体の優美な線とバランスを強調するもので,伴奏には主としてワルツが使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「アダージョ」の解説

アダージョ

アダジオともいう。(1)音楽用語。ゆったりとした速度。アンダンテラルゴの中間。または,ソナタ交響曲などのおそい速度の楽章。アダージェットadagiettoは,アダージョよりやや速くの意。(2)クラシック・ダンス用語。フランス語でアダージュadageともいう。ゆっくりとした音楽に合わせた,ゆっくりした動きのコンビネーション(女性舞踊手の美しさを示すアラベスクなどを含む)。優雅さとバランスを発達させるための練習をさす場合もある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「アダージョ」の解説

アダージョ

〘名〙 (adagio) 音楽の速度標語の一つ。ゆっくりと演奏せよの意。ラルゴよりは速く、アンダンテよりはおそい速度。転じて、その速度で奏する交響曲・ソナタなどの楽章をいう。緩徐調。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android