コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アダージョ adagio

翻訳|adagio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アダージョ
adagio

音楽用語。イタリア語で「ゆったり」の意味。ラルゴに次いでゆるやかな速度を示し,転義して,同上の速度で書かれた歌謡風の楽章をさす。

アダージョ
adagio

バレエ用語。フランス語アダージュ adageともいう。緩慢で優雅な一連のパ (ステップ) から構成される基礎練習の1種。または古典バレエのグラン・パ・ド・ドゥやパ・ド・トロワの最初の部分で,バレリーナがパートナーの男性に腰や手を支えられて踊るゆるやかな踊り。アラベスクアティチュードなどのポーズを用いて身体の優美な線とバランスを強調するもので,伴奏には主としてワルツが使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アダージョ

アダジオともいう。(1)音楽用語。ゆったりとした速度。アンダンテラルゴの中間。または,ソナタ,交響曲などのおそい速度の楽章。アダージェットadagiettoは,アダージョよりやや速くの意。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

アダージョ【adagio】

音楽の速度標語の一。ゆるやかに演奏せよの意。ラルゴとアンダンテの中間の速さ。また、その速さで演奏する曲や楽章。アダジオ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アダージョ
あだーじょ
adagioイタリア語

音楽の速度標語。イタリア語のadagiare(くつろがす)を語源にもつ。おそらく1611年にイタリア人バンキエリが彼の作品に用いたのが、速度標語としての最初であろう。当初は文字どおりの「くつろいで」や、または「もっとも遅いテンポで」を意味していたが、現在では一般にアンダンテとラルゴの間の速さ「静かに緩やかに」を意味する。また、ソナタや交響曲などにみられる、ゆっくりとした第2楽章(緩徐楽章)を示す用語としても用いられる。[黒坂俊昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アダージョの関連キーワードシューベルト:ピアノ・ソナタ 第11番 ヘ短調/piano soloモーツァルト:ピアノ・ソナタ 第4番 変ホ長調/piano soloロドリーゴ:遥かなるサラバンド/piano soloシューベルト:ロンド ホ長調/piano soloバッハ:トッカータ 嬰ヘ短調/piano soloバッハ:トッカータ ト短調/piano soloバッハ:トッカータ ニ長調/piano soloバッハ:トッカータ ハ短調/piano soloバッハ:トッカータ ホ短調/piano soloバッハ:トッカータ ト長調/piano solo眠れる森の美女(チャイコフスキーのバレエ曲)バーバー(Samuel Barber)モーリス デュリュフレパーシー アドロンレペシンスカヤアルビノーニ千葉ペイトン教会ソナタデュエットゲルツァー

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アダージョの関連情報