コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッサンブラージュ アッサンブラージュ assemblage

翻訳|assemblage

6件 の用語解説(アッサンブラージュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アッサンブラージュ
アッサンブラージュ
assemblage

「寄せ集め」の意。既製品や廃品を集めて制作された作品,およびその手法。 J.デュビュッフェが 1953年に紙のコラージュからつくったリトグラフシリーズで初めてこの名を使い,また翌年,さまざまな物の破片を使った作品にも適用して範囲を拡大した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アッサンブラージュ(〈フランス〉assemblage)

アサンブラージュ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アッサンブラージュ

〈寄せ集め〉を意味するフランス語。英語ではアッセンブリッジと発音される。基本的には三次元的な立体性をもつ作品で,二次元的イメージの張り合わせ〈コラージュ〉と区別するために,デュビュッフェによって使われた用語。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

アッサンブラージュ

株式会社ナリス化粧品が販売するボディケア用品のブランド名

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アッサンブラージュ【assemblage】

〈集合,集積,寄集め〉を意味するフランス語で,さまざまな物体を寄せ集めて美術作品を制作する技法およびその作品を指す。コラージュアッサンブラージュの違いは,ひとつは歴史的に前者が第2次大戦以前のものである点,もうひとつは語の原義から前者は糊付けた(貼り付けた)もの,後者は寄せ集めて集積したものとの意味からかけ離れた使い方はできないという点にある。したがって,前者は基本的には二次元平面上に現実の物体を貼り付けることを指し,後者は二次元,三次元を問わず,物体を寄せ集めることを指す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アッサンブラージュ
あっさんぶらーじゅ
assemblageフランス語

集積、寄せ集めの意。英語ではアセンブリッジ。廃品や日用品をはじめさまざまな物体を寄せ集めて彫刻ないし三次元的立体作品の形態をつくりだす方法。紙片や布切れなどを画面に貼(は)り付けるキュビスムのコラージュに端を発するが、コラージュがあくまでも平面的であったのに対して、アッサンブラージュは三次元的である。1961年にニューヨークで開かれたアッサンブラージュ展の企画者ウィリアム・サイツによれば、それはなによりもまず芸術品としてつくられたのではない物体の寄せ集めでなければならないとされる。ピカソの『アプサント瓶』(1912)などが先駆といえるが本格的な開花にはダダやシュルレアリスム、とくに第二次世界大戦後のネオ・ダダ、ポップ・アート、ヌーボー・レアリスム、環境芸術(エンバイランメンツenvironments)をまたねばならない。おもに廃品を用いるダニエル・スペーリDaniel Spoerri(1930― )、アルマンFernandez Arman(1928―2005)、ジャン・ティンゲリーらは、廃品を素材に芸術化するということから、さらに進んで、むしろ「がらくた(ジャンク)」の廃物そのもののもつ表現力を引き出そうとするものである。[千葉成夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アッサンブラージュの関連キーワードロゴスフランスビル寄せ集め・寄集め寄集め寄集めるデフィバトルフランスルフランルフラントゥーシュシェフドタピ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アッサンブラージュの関連情報