コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アデク アデク Syzygium buxifolium

2件 の用語解説(アデクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アデク
アデク
Syzygium buxifolium

フトモモ科の常緑小高木。九州南部と沖縄,台湾を含むアジア東南部の熱帯,亜熱帯地域に生じる。高さ2~5mほどで幹や枝は赤褐色,しばしば樹皮がむけて光沢のある肌を見せる。若枝は4稜がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アデク
あでく
[学]Syzygium buxifolium Hook. et Arn.

フトモモ科の常緑小高木。樹皮は赤褐色で滑らか。小枝は四稜(しりょう)形。葉は革質で対生、楕円(だえん)もしくは広楕円形、長さ2~4センチメートル、幅1~2.5センチメートル、中央脈は下面に突出する。花は白色で径3ミリメートル内外、果実は球形で径7ミリメートルくらい。材は硬くじょうぶでカナツバキ(鹿児島での俗名)ともよぶ。農具の柄や柱材に用いる。拍子木(ひょうしぎ)にすると音色がよい。アデクは沖縄の方言に由来。南九州から沖縄、小笠原(おがさわら)、中国南部にかけて分布する。小笠原の自生種は別種とする説がある。[島袋敬一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アデクの関連キーワードソヨゴカヤプテ木珊瑚南燭天人花蒲桃丸仏手柑ロンガン黄枇フカノキ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アデクの関連情報