コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドラー アドラーAdler, Alfred

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アドラー
Adler, Alfred

[生]1870.2.7. オーストリア,ペンツィング
[没]1937.5.28. イギリス,アバディーン
オーストリアの精神病学者,心理学者。初めウィーンでジグムント・フロイトに学んだが,その汎性欲説にあきたらず,フロイトと別れて,個人心理学の学派を打ち立てた。人間を駆りたてる最も優勢な原動力は,生命の本質的完成への努力であるとし,これはしばしば劣等感への補償としての優越への要求となると説いた(→補償作用)。また個人は社会から離れては考えられず,すべての重要問題は社会的である,と主張した。主著『器官劣等性の研究』Studie über Minderwertigkeit von Organen(1907),『人間知の心理学』Menschenkenntnis(1927),『人生の意味の心理学』What Life Should Mean to You(1931),"Über den nervösen Charakter"(1912)など。

アドラー
Adler, Cyrus

[生]1863.9.13. バンブーレン
[没]1940.4.7. フィラデルフィア
アメリカの代表的ユダヤ教学者。ペンシルバニア大学でセム学を修めたのち,ジョンズ・ホプキンズ大学でセム語を教えるかたわら,アメリカにおけるユダヤ教の発展のために積極的に活動した。 1888年にはアメリカ・ユダヤ教図書出版協会,92年にはアメリカ・ユダヤ史学会,1906年にはアメリカ・ユダヤ人委員会を創設した。『ユダヤ教年鑑』 (7巻,1899~1905) および『ユダヤ教事典』 (01~06) の編集者。

アドラー
Adler, Dankmar

[生]1844.7.3. シュタットレンクスフェルト
[没]1900.4.16. シカゴ
アメリカの建築家。ドイツに生れ 1854年渡米。 69年に製図工となり,71年に独立。 79年以後は L.サリバンと協力,81年にアドラー・アンド・サリバン建築事務所を設立,ライヤーソン・ビル (1884) ,オーディトリアム・ビル (86~89) などを設計,95年の事務所解散まで,約 120の建物を建てた。著書"The Influence of Steel Construction and Plate Glass Upon the Development of Modern Style" (96) 。

アドラー
Adler, Felix

[生]1851.8.13. アルツァイ
[没]1933.4.24. ニューヨーク
アメリカの宗教教育者。倫理文化運動の指導者。倫理文化協会の設立者。ユダヤ人のラビを父としてドイツに生れ,幼時にアメリカへ移民。 1870年コロンビア大学卒業,のちドイツに留学。 76年ニューヨーク倫理文化協会,倫理文化学校,およびニューヨーク市最初の無料幼稚園を設立。またみずから労働者講座を組織する一方,労働者学校とマンハッタン女子職業学校の設立に助力した。長年全米児童労働委員会の議長をつとめ,子供の労働の廃止を唱えた。 1902年コロンビア大学の政治,社会,倫理学の教授に就任。主著『精神的理想の再建』 The Reconstruction of the Spiritual Ideal (1924) など。

アドラー
Adler, Hermann

[生]1839.3.30. ハノーバー
[没]1911.7.18.
イギリスの首席ラビ。伝統的ラビの立場を保ちつつも,他の宗教とのかかわりにも積極的であり,ラビに対する一般的認識を高めたといわれる。説教集"Anglo-Jewish Memories and Other Sermons" (1906) がある。

アドラー
Adler, Max

[生]1873.1.15. ウィーン
[没]1937.6.28. ウィーン
オーストリア・マルクス学派の代表的理論家。ウィーン大学で法学を学ぶ。オーストリア社会民主党に加わり,1904年 R.ヒルファーディンクと『Marx-Studien』を創刊。 20年ウィーン大学教授。マルクス主義新カント派的方法論で洗練した。

アドラー
Adler, Mortimer J.

[生]1902.12.28. ニューヨーク,ニューヨーク
[没]2001.6.28. カリフォルニア,サンマテオ
アメリカ合衆国の哲学者,教育者,編集者。フルネーム Mortimer Jerome Adler。1928年コロンビア大学で哲学博士を取得。同大学で教えたのち,シカゴ大学法哲学教授となった。1952年ロバート・メイナード・ハッチンズとともに "Great Books of the Western World" 54巻を編集,重要概念の索引である Syntopiconを企画,編集した。同 1952年サンフランシスコ(1964以降シカゴ)の哲学研究所所長,1969年『ブリタニカ百科事典』第15版(通称プランB)の編集責任者となった。おもな著・編書に,『本を読む本』How to Read a Book(1940),『資本主義宣言』The Capitalist Manifesto(1958,共著),『教育革命』The Revolution in Education(1958,共著),"Gateway to the Great Books"(1963,10巻),"Annals of America"(20巻)などがある。

アドラー
Adler, Nathan Marcus

[生]1803.1.15. ハノーバー
[没]1890.1.21. ブライトン
イギリスの首席ラビ。ドイツで学んだのち,1829年,オルデンブルクのラビとなり,翌年父の M.アドラーの跡を継いで,ハノーバーのラビとなる。 44年,イギリスヘブライ教会の首席ラビに選ばれ,55年,ユダヤ師範学校を設立。ヘルマン・アドラーの父。

アドラー
Adler, Victor

[生]1852.6.24. プラハ
[没]1918.11.11. ウィーン
オーストリアの社会民主主義者。富裕な商家に生れ,ウィーン大学で薬学を専攻。一時ドイツのナショナリズム運動に加わっていたが,反ユダヤ人主義が鮮明になると,運動から離れ,A.ベーベルエンゲルスとの交友を通じて社会主義運動に走った。 1889年オーストリア社会民主党を創設。平和主義民族自決主義者として,第2インターナショナルでも指導的役割を演じた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アドラー(Alfred Adler)

[1870~1937]オーストリアの精神医学者。精神異常の原因を性的異常に求めるフロイトの説に反対し、過度の優越への欲求が原因であると主張。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アドラーの関連キーワード製糸業日本科学史奈破崙開拓使コッペリア文化闘争嘉納治兵衛(5代)グロ長谷川宗右衛門ベッテルハイム

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アドラーの関連情報