アナクシメネス[ランプサコス](英語表記)Anaximenēs of Lampsakos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナクシメネス[ランプサコス]
Anaximenēs of Lampsakos

[生]前380頃
[没]前320
古代ギリシアの歴史家,修辞学者。ゾイロスの弟子。彼の著述した史書はヘレニカ,フィリッピカおよびアレクサンドロス3世 (大王) に関するものであったが,わずかな断片しか残っていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android