アナクシメネス[ランプサコス](英語表記)Anaximenēs of Lampsakos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナクシメネス[ランプサコス]
Anaximenēs of Lampsakos

[生]前380頃
[没]前320
古代ギリシアの歴史家,修辞学者。ゾイロスの弟子。彼の著述した史書はヘレニカ,フィリッピカおよびアレクサンドロス3世 (大王) に関するものであったが,わずかな断片しか残っていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android