コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アニマティズム animatism

翻訳|animatism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アニマティズム
animatism

プレアニミズムともいわれ,イギリスの人類学者 R.マレットにより提唱され,その師の E.タイラーアニミズム宗教起源論を修正したもの。アニミズムよりも先行して,一層簡単な観念に基づく信仰形態,すなわちプレアニミズムがあることを主張したと一般には解されている。単なる非人格的な力もしくは生命の観念しか崇拝の対象にしない民族が存在することから,初めはその年代的先行を説いたが,実際にはマレットは宗教の動的な面と呪術的要素を重視して,霊的存在への信念にまで抽象化されていない状態を,タイラーのいう狭義のアニミズムとは区別してアニマティズムという類型を設定したとみることができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アニマティズム(animatism)

霊魂や精霊が認知される以前に、自然界の諸事物に生命を認める段階があったとする説。アニミズムに対して、英国の人類学者マレットが提唱。プレアニミズム。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アニマティズム

あらゆる事物や現象に生気を認め,生あるものと信ずること,またその観念。ラテン語animaに由来。タイラーの弟子マレットによって,アニミズムに先行するものと考えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アニマティズム【animatism】

アニミズムが万物に宿り,しかも宿ったものから独立して存在しうる霊魂や精霊に関する観念・信念を意味するのにたいして,アニマティズムは万物を〈生きている〉ととらえる活力・生命力についての観念・信念を指す。プレアニミズム,マナイズム,バイタリズムとも呼ばれる。アニマティズム説を唱えたのはE.B.タイラーの弟子マレットR.R.Marettである。彼は活力・生命力の観念は霊魂や精霊の観念に,歴史的にも心理的にも先行すると考えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アニマティズム【animatism】

有生観。霊魂(アニマ)の存在は認めないが、動植物のみならず無生物や自然現象にも生命があり、生きているとする考え方。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アニマティズム
あにまてぃずむ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アニマティズムの関連キーワード宗教人類学原始一神教自然現象自然崇拝原始宗教考え方動植物無生物呪力

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android