アニマティズム(英語表記)animatism

翻訳|animatism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プレアニミズムともいわれ,イギリスの人類学者 R.マレットにより提唱され,その師の E.タイラーアニミズム宗教起源論を修正したもの。アニミズムよりも先行して,一層簡単な観念に基づく信仰形態,すなわちプレアニミズムがあることを主張したと一般には解されている。単なる非人格的な力もしくは生命の観念しか崇拝の対象にしない民族が存在することから,初めはその年代的先行を説いたが,実際にはマレットは宗教の動的な面と呪術的要素を重視して,霊的存在への信念にまで抽象化されていない状態を,タイラーのいう狭義のアニミズムとは区別してアニマティズムという類型を設定したとみることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アニミズムが万物に宿り,しかも宿ったものから独立して存在しうる霊魂や精霊に関する観念・信念を意味するのにたいして,アニマティズムは万物を〈生きている〉ととらえる活力・生命力についての観念・信念を指す。プレアニミズム,マナイズムバイタリズムとも呼ばれる。アニマティズム説を唱えたのはE.B.タイラーの弟子マレットR.R.Marettである。彼は活力・生命力の観念は霊魂や精霊の観念に,歴史的にも心理的にも先行すると考えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android