アニマル・スタイル(英語表記)animal style

世界大百科事典 第2版の解説

アニマル・スタイル【animal style】

前7世紀末ごろから約1000年間にわたり,ユーラシア内陸部の草原地帯で活動した遊牧騎馬民族が創造し,愛好した動物意匠,動物文様。西はハンガリーから東はモンゴリア,北は南シベリアから南はイラン高原まで,同類アニマル・スタイルが広くおこなわれ,剣や(えびら),馬具,帯金具などの器物を飾った。材料には金,銀,エレクトラム青銅のほか,木やフェルトを用い,なかにはラピスラズリなどの貴石を象嵌したものもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる