コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アニマル・スタイル animal style

世界大百科事典 第2版の解説

アニマル・スタイル【animal style】

前7世紀末ごろから約1000年間にわたり,ユーラシア内陸部の草原地帯で活動した遊牧騎馬民族が創造し,愛好した動物意匠動物文様。西はハンガリーから東はモンゴリア,北は南シベリアから南はイラン高原まで,同類のアニマル・スタイルが広くおこなわれ,剣や箙(えびら),馬具,帯金具などの器物を飾った。材料には金,銀,エレクトラム青銅のほか,木やフェルトを用い,なかにはラピスラズリなどの貴石を象嵌したものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アニマル・スタイルの関連キーワードアキナケス獅子

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android