コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブラギリ(油桐) アブラギリ Aleurites cordata; tung oil tree

3件 の用語解説(アブラギリ(油桐)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブラギリ(油桐)
アブラギリ
Aleurites cordata; tung oil tree

トウダイグサ科の落葉高木。中国原産で,古くから日本に渡来して栽植され,暖地では自生状態になっている。高さ 10mにも達し,葉は心臓形で長い柄があり互生する。初夏,枝先に円錐花序を出し白色5弁の単性花を多数咲かせる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アブラギリ(油桐)【アブラギリ】

トウダイグサ科の落葉高木。中国原産で古く日本に渡来し,本州〜九州に野生化している。葉は互生し,長い葉柄があり,円形で浅く2〜5裂することが多い。葉の基部は心臓形をなし2個の蜜腺がある。
→関連項目キリ(桐)油

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アブラギリ【アブラギリ(油桐) Japanese tung‐oil tree】

中国原産で古く渡来したと考えられるトウダイグサ科落葉樹で,種子から油が得られるので各地で栽培され,本州,四国,九州の山野で野生化しているものもみられる(イラスト)。 大きいものでは高さ10~15m,直径30~60cmになる落葉樹木で,樹皮は淡褐灰色,横に楕円形の皮目が多数ある。葉は互生し,葉柄5~20cm,葉身は直径12~20cmのほぼ円形か上部が2,3裂する。葉身の基部に2個の突起した腺がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アブラギリ(油桐)の関連キーワードトウガン(冬瓜)及台子歳次葉鶏頭花椒長崎大玉長崎小玉長崎中玉イチハツナガイモ(長芋∥薯蕷)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone