コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブラギリ(油桐) アブラギリAleurites cordata; tung oil tree

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブラギリ(油桐)
アブラギリ
Aleurites cordata; tung oil tree

トウダイグサ科の落葉高木。中国原産で,古くから日本に渡来して栽植され,暖地では自生状態になっている。高さ 10mにも達し,葉は心臓形で長い柄があり互生する。初夏,枝先に円錐花序を出し白色5弁の単性花を多数咲かせる。秋に,球形の果実が熟し,中に3個の種子が入っている。種子に 30%内外の乾性油を含み,圧搾して桐油 (とうゆ) をとる。成分はエレオステアリン酸が 77~82%,ほかにオレイン酸,ステアリン酸などを含む。乾燥性がよく,古来,油紙,雨傘,ちょうちんなどに塗ったり,ペンキ,ニス,印刷用インキなどに利用されるが,食用にはならない。なお往時,灯油にも用いられ,その油煙から墨 (すみ) がつくられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アブラギリ(油桐)【アブラギリ】

トウダイグサ科の落葉高木。中国原産で古く日本に渡来し,本州〜九州に野生化している。葉は互生し,長い葉柄があり,円形で浅く2〜5裂することが多い。葉の基部は心臓形をなし2個の蜜腺がある。
→関連項目キリ(桐)油

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アブラギリ【アブラギリ(油桐) Japanese tung‐oil tree】

中国原産で古く渡来したと考えられるトウダイグサ科落葉樹で,種子から油が得られるので各地で栽培され,本州,四国,九州の山野で野生化しているものもみられる(イラスト)。 大きいものでは高さ10~15m,直径30~60cmになる落葉樹木で,樹皮は淡褐灰色,横に楕円形皮目が多数ある。葉は互生し,葉柄5~20cm,葉身は直径12~20cmのほぼ円形か上部が2,3裂する。葉身の基部に2個の突起した腺がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アブラギリ(油桐)の関連キーワードヤトロファ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android