コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アベナリウス Avenarius, Richard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アベナリウス
Avenarius, Richard

[生]1843.11.19. パリ
[没]1896.8.18.
ドイツの哲学者。ライプチヒ大学に学んだ。 1876年に同大学の講師,翌年チューリヒ大学哲学教授になった。いわゆる経験批判論 empiriocriticismの創始者として知られている。 E.マッハとともに,論理実証主義に大きな影響を与えた。主著純粋経験の批判』 Kritik der reinen Erfahrung (1888~90) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アベナリウス

ドイツの哲学者,チューリヒ大学教授。マッハとともに経験批判論代表者。〈純粋経験〉にもとづく徹底した実証主義を唱え,現代の論理実証主義に影響を与えた。著書《純粋経験批判》(1888年―1890年),《人間的世界概念》(1891年)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アベナリウス【Richard Avenarius】

1843‐96
ドイツの哲学者。パリに生まれ,ライプチヒ大学に学ぶ。1877年ウィンデルバントの後任としてチューリヒ大学教授に招聘され,没年までそこで教鞭をとった。経験批判論の創始者として〈純粋経験〉に基礎を置く徹底した実証主義を唱え,マッハとともに後の論理実証主義の展開に大きな影響を与えた。主著は《純粋経験批判》全2巻(1888‐90)および《人間的世界概念》(1891)であるが,独特の用語と難解な記号法をもって書かれているため,マッハの思想に比べて人口に膾炙(かいしや)しなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アベナリウス【Richard Avenarius】

1843~1896) ドイツの哲学者。主観・客観の分離に先立つ純粋経験と、それに基づく自然的世界概念を提起して、実証主義的認識論を展開。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アベナリウス
あべなりうす
Richard Avenarius
(1843―1896)

ドイツの哲学者。1877年より没年までチューリヒ大学教授。徹底した実証主義の立場にたち、オーストリアの物理学者・哲学者のマッハとともに経験批判論の創始者として知られ、後の論理実証主義の展開に大きな影響を及ぼした。主著に『純粋経験批判』2巻(1888~1890)がある。彼によれば、哲学の任務はいっさいの形而上(けいじじょう)学的概念を除去して純粋経験に立ち戻り、それを最小力量の原理に従って記述することを通じて、自然的世界概念を回復することにあるとされる。そして、人間経験の全領域を数学的操作で記号化しようとしたが、その思想は唯物論の陣営からの激しい批判を招いた。[野家啓一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアベナリウスの言及

【経験批判論】より

…純粋経験に基礎を置く実証主義的認識論の一形態。アベナリウスおよびマッハによって創始され,ペツォルトJ.Petzoldt,ゴンペルツH.Gomperzらによって受け継がれた。影響はおもにドイツ語圏内にとどまったが,イギリスのK.ピアソンにも同様の思想が見られる。…

【思考経済】より

…その源流は中世の〈オッカムの剃刀(かみそり)〉にさかのぼる。19世紀末にマッハおよびアベナリウスが,これを経験批判論の基本原則としたところから一般に広まり,論理実証主義に引き継がれた。現代の科学哲学では,理論の〈単純性の原理〉として言及されることが多い。…

※「アベナリウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アベナリウスの関連キーワード唯物論と経験批判論ルナチャルスキーアウェナリウスアヴェナリウスワイニンガーツィーエンペツォルト還元主義思考経済現象主義科学主義経験論客観主観分離