コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメリカ通商代表部 アメリカつうしょうだいひょうぶ United States Trade Representatives; USTR

3件 の用語解説(アメリカ通商代表部の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカ通商代表部
アメリカつうしょうだいひょうぶ
United States Trade Representatives; USTR

1963年大統領令によってアメリカの通商政策策定と交渉において国内,国際利害をバランスさせるために特別通商代表部 STRとして創設された大統領行政府に属する特別機関。 74年通商法は STRを大統領府の一機関として位置づけ,その任務を各種の法律のもとでの通商協定プログラムにまで拡大した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アメリカ通商代表部【アメリカつうしょうだいひょうぶ】

アメリカ大統領行政府内の一機関で,国際通商交渉を担当。United States Trade Representativeの頭文字からUSTRとも。1963年創設の通商交渉特別代表部が1974年の通商法成立で権限を強め,1979年の通商協定法で拡充・改組され,アメリカ通商代表部となったもの。
→関連項目スーパー301条

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカ通商代表部
あめりかつうしょうだいひょうぶ
Office of the United States Trade Representative

略称USTR。アメリカの通商政策に関して、大統領を補佐する機関。「1962年通商拡大法」を成立させたジョン・F・ケネディが、大統領行政命令により同年末に任命した特別通商代表Special Trade Representative(STR。翌1963年より活動開始)が最初である。閣僚級ではないものの、通商政策の策定において中心的役割を果たし、国務長官や商務長官と並んで、アメリカ政府の最高政策担当者の一人になるものとされた。ニクソン政権の初期には、その存在が忘れられるほどの地位の低下があったが、カーター政権時の「1974年通商法」により、大統領府(ホワイトハウス)の直属機関に格上げされた。これにより規模と権限が拡大し、「1930年関税法」「1962年通商拡大法」「1974年通商法」で規定する通商協定の実施にあたるものとされた。同時に、名称も「特別Special」をとった現在のものとなった。
 USTRの権限は、アメリカの通商政策全般における決定から執行まで、広範に及ぶ活動領域が対象となっている。二国間・多国間の通商交渉はいうまでもなく、政権内の政策調整や既存協定の監視も行う。「1988年包括通商・競争力法」では裁量権が拡大され、スーパー301条に基づく不公正貿易の調査・勧告なども義務づけられた。また、USTRの代表には、特命全権大使として閣僚級の地位が与えられており、関税および貿易に関する一般協定(GATT(ガット))やそれを引き継いだ世界貿易機関(WTO)、経済協力開発機構(OECD)、国連貿易開発会議(UNCTAD(アンクタッド))などのアメリカ政府代表でもある。
 USTR設置の考え方は、古くは国際貿易機構(ITO)の考え方にまでさかのぼるといわれるが、自由貿易を基調としたアメリカの通商利益を世界戦略のなかでいかに確保するかにあるものと思われる。東西冷戦構造下では、アメリカの安全保障・外交政策と通商政策との相克のゆえに、かならずしも十分に活躍ができない場面もみられたが、デタント(緊張緩和)とともにその権限が強まった。冷戦構造崩壊後の1990年代は、経済・通商の時代のなかで世界的な脚光を浴びるようにさえなっている。また、1970年代までのアメリカ通商の相手は、おもにヨーロッパであったが、やがて日米交渉のウェイトが高まり、アジア地域も重要な相手となった。対象も、貿易やそれに関連する補助金、投資の問題などが中心であったが、今日では、スペシャル301条に基づく知的財産権の侵害に関する調査・勧告など、さらに広範に及ぶ。その活躍ぶりから、今後ますますその重要性を増すものと思われる。[広部和也]
『福島栄一監修、通商摩擦問題研究会編著『米国の88年包括通商・競争力法――その内容と日本企業への影響』(1989・日本貿易振興会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アメリカ通商代表部の関連キーワードアングロアメリカ行政協定大統領府アメリカ大統領大統領行政府行政管理予算局CEAEOBアメリカ アメリカ琉球政府

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アメリカ通商代表部の関連情報