コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラスカ[州](読み)アラスカ

百科事典マイペディアの解説

アラスカ[州]【アラスカ】

米国最大,最北端の州。略称Alas.,AK。カナダをはさみ48州とは離れて飛地になっている。北部にブルックス山脈,南部にアラスカ山脈がある。南東部,カナダ国境のセント・エライアス山を中心に氷河が発達している。中央部をユーコン川が西流する。中南部はタイガ,北部はツンドラ地帯。水産業,林業が主で,農業,パルプ工業が一部で行われ,石油資源はテキサスに次いで全米2位。各地に軍事基地がある。1784年ロシア人が植民,ロシア領。1867年当時の国務長官W.H.シューアードが交渉にあたり720万ドルで米国が購入。1880年金鉱が発見された。1912年準州に,1959年州に昇格。第2次大戦中はアレウト列島のアッツ島,キスカ島が日本に占領された。1989年にはバルディズ近くでタンカーが座礁し,もれ出した多量の石油によって環境的,経済的に尽大な被害を受けた。先住民はエスキモーと南部森林地帯のアメリカ・インディアン。州都ジュノー。最大都市アンカレジ。172万3337km2。73万6732人(2014)。
→関連項目シベリア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アラスカ[州]【Alaska】

アメリカ合衆国最大の州。略称Alas.。面積153万0700km2で日本の4倍以上。人口61万(全米49位,1996)。州都はジュノー,最大都市アンカレジ。州名は,現在のアラスカ半島をさしたアレウト族の言葉alakshakに由来する。連邦加入1959年,49番目。北アメリカ大陸北西端にあり,48州とは離れており,その結果,合衆国は典型的な飛地国を形成する。ベーリング海峡とアレウト列島西部でロシアに対する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアラスカ[州]の言及

【アメリカ合衆国】より

…ほとんどあらゆるタイプの地形がみられるとともに,気候も寒帯から熱帯にいたる気候区が分布する。氷雪気候だけはみられないが,アラスカ南部の山岳地帯は氷雪気候と類似した気候を示す。アラスカ州とハワイ州を除く48州(本土と呼ぶこともある)では,大西洋岸のアパラチア山脈,中央部の平地,太平洋岸のコルディレラ山系に大別できる。…

【アレクサンドル[2世]】より

…一方,極東では日本との間に日露和親条約(1854),樺太・千島交換条約(1875)を締結して国境を画定し,清との間に璦琿(あいぐん)条約(1858),北京条約(1860)を結んで極東へ進出する足がかりをつくった。しかし北米大陸においては,露領アメリカ(アラスカ)の領有がロシアの安全保障上重荷になると判断して,これを1867年アメリカ合衆国に720万ドルで売却した。農奴解放【外川 継男】。…

【ゴールドラッシュ】より

…ゴールドラッシュを中心とする人口の移動,集中は,従来の西漸運動が東から西へ向かったのと異なり,西から東へとフロンティアを推進する形をとり,鉄道の発達を促すとともに荒野を新しい準州,州へと成長させた。 他方,アラスカでは,1880年代に金が発見され,19世紀末から20世紀初めにかけてノーム,フェアバンクスを中心にゴールドラッシュが起こり,アラスカ発展の基礎となったが,カナダとの境界を定めた1903年の条約締結も金鉱地帯の所有をめぐる対立の結果といえる。カナダではアラスカに接するユーコン・テリトリーのクロンダイク地方のゴールドラッシュ(1896)以前に,1857‐58年にかけてブリティッシュ・コロンビアのフレーザー川流域でゴールドラッシュが始まっており,カナダの西辺の地域を台頭させる原因となった。…

※「アラスカ[州]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android