コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラビア科学 アラビアかがく

世界大百科事典 第2版の解説

アラビアかがく【アラビア科学】

アラビア科学が世界史において重要な意味をもったのは中世においてであるから,いわゆる〈アラビア科学〉とは中世アラビア科学のことをさし,〈イスラムによって統一された地域――東は中央アジアから西はイベリア半島,南は北アフリカにわたる――において,8世紀後半から15世紀にかけてアラビア語で文化活動した人々の科学〉と定義しうる。ここでまず注意すべきは,このアラビア科学は人種的にアラブ人の科学を意味してはいないということである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラビア科学
あらびあかがく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アラビア科学の関連キーワードサービト・ブン・クッラグンデシャープールシルウェステル2世ミクロコスモスシャルトル学派アデラルドゥスイスラム文化矢島 祐利伊東俊太郎ゲラルド矢島祐利

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android