コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラメ(荒布) アラメEisenia bicyclis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラメ(荒布)
アラメ
Eisenia bicyclis

褐藻類コンブ目コンブ科に属する海藻。藻体はよく発達した状部とその上端につく葉状部から成る。茎状部は多年生で固く,円柱形で下端が著しく分岐して仮根となり,岩盤に固着する。状部は二叉状に分岐し,さらに羽状に分れて多数の葉状片となる。深いところに生育するものは全長 1.5mに及ぶ。分布は広く本州全土に及び,潮間帯下部から低潮線にかけて,大群落をつくることがある。地方によって食用とする。また,アルギン酸の原料となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アラメ【アラメ(荒布) Eisenia bicyclis (Kjellm.) Setch.】

本州,四国,九州沿岸で同じ褐藻類カジメとともに海中林を構成する代表的な大型褐藻で,コンブ科に所属する(イラスト)。体は外見上,根,茎,葉の区別が明瞭である。1年目の幼体は1枚の葉を茎の先端につけるだけで,後に葉の側方からバンド状の葉を出すので全体は羽状となる。2年目以降の体は円筒形の茎の上部が叉(さ)状に分枝し,その先端からバンド状の葉が束のように多数出る。高さは1~2mになるものが多く,また密に群落をつくって生育するので海底に森林が形成される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android