コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラン諸島 アランしょとう Aran Islands

3件 の用語解説(アラン諸島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラン諸島
アランしょとう
Aran Islands

アイルランド西海岸ゴールウェー湾の湾口にある島群。ほぼ北西-南東方向に並ぶイニシュモア,イニシュマン,イニシーアの3島から成る島群で,石炭紀の石灰岩によっておおわれ,土地は不毛である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アラン‐しょとう〔‐シヨタウ〕【アラン諸島】

Aran Islands》アイルランド西部、ゴールウエー湾にある諸島。イニシュモア島イニシュマーン島イニシィア島の3島からなる。ケルト文化を色濃く残す地として知られ、今もゲール語が話される。先史時代初期キリスト教時代の遺跡が数多く残る。アランセーターの産地としても有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラン諸島
あらんしょとう
Aran Islands

アイルランド島西部にある島々。ゴールウェーから48キロメートル、ゴールウェー湾の入口付近に位置する。面積46.6平方キロメートル。北からイニシュモア、イニシュマーン、イニシールの三つの島からなる。主島であるイニシュモア島の人口は約900。中心地はイニシュモアのキルロナンKilronanである。1819年アイルランド本土の借地問題を解決するために、移民によって集落がつくられた。漁業と農業が営まれる。大西洋縁辺地帯におけるケルト文化の伝統を今日に伝える故地であり、今日でもゲール語が話される。アイルランドの劇作家J・M・シングによって同島の口碑、伝説が収集され、これがアイルランド文芸復興運動を促す一因となった。[米田 巌]
『J・M・シング著、姉崎正見訳『アラン島』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラン諸島の関連キーワードアイルランドアイルランド海北アイルランド紛争INLA聖ピーターアイルランド教会セントピーターアイルランド教会アイルランド国立交響楽団アイルランドの子守唄アイルランド[島]《Man of Aran》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アラン諸島の関連情報