コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルクマール Alkmaar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルクマール
Alkmaar

オランダ北西部,ノールトホラント州の北海沿岸平野に位置する都市。 10世紀頃は小漁村にすぎなかったが,1254年に都市権を獲得。 16世紀なかばに周辺の低湿地が干拓されてからは,交易地として急速に発達。家畜,卵,野菜などの集散地で,4月から 10月までの毎金曜日に開かれるチーズ市は有名。教会オルガン,鉄道信号機,家具,衣料品,食料品などが生産される。重量検定所 (1582) ,市庁舎 (20) ,オランダ最古のオルガンの一つ (11) がある聖ラウレンチウス聖堂 (1470~1520) など歴史的建造物が多い。人口9万 1817 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アルクマール

オランダ北西部の都市。16―17世紀に造成された干拓地の中心で,海面下の土地にある。チーズおよび家畜の市場は著名で,15世紀の教会,16世紀の市庁舎,重量検定所などが残っている。9万3936人(2011)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルクマール【Alkmaar】

オランダ西部,北ホラント州の都市。人口7万1245(1980)。古くからの商業都市で,4~10月の毎金曜日に開かれるチーズのせり市で知られる。都市として成立したのは1254年。オランダ独立戦争中の1573年にはスペイン軍に包囲されたが,市の水門を開いて包囲軍を水攻めにし敗走させた事件は有名。今でもこれを記念して10月8日は祭日となっている。市庁舎,聖ラウレンス教会など歴史的な建物も多い。【佐藤 弘幸】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルクマール
あるくまーる
Alkmaar

オランダ北西部、ノールト・ホラント州中部の都市。人口9万3022(2001)。アムステルダムに通じる北ホラント運河に沿い、チーズ市で有名な商業都市。4月から9月までの毎週金躍日の朝10~12時に、秤量(ひょうりょう)所(1582設立)前のマルクト広場で、白装束に麦わら帽子のチーズ運搬人が赤や黄色のエダムチーズを計量する儀式があり、これを目的とした観光客が多い。起源は10世紀にできた漁村で、1254年には都市法を賦与されたが、17世紀後半からの周辺湿地の干拓により交易中心地として発展した。1573年にはオランダ独立戦争でスペイン軍の攻囲に耐え、戦況の転機となった。ゴシック式のフローテ教会や、16世紀の市庁舎がある。[長谷川孝治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アルクマールの関連キーワードヘンドリック・W.B. ローゼボームアルクマールのチーズ市ボスボーム=トゥサンエフェルディンヘンファン・スコレルエダムチーズマドローダムワーフ広場フェッシュヤンセンドレベル北海運河ウィッテスコレル

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルクマールの関連情報