コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルセーヌ・ルパン アルセーヌ・ルパン Arsène Lupin

3件 の用語解説(アルセーヌ・ルパンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルセーヌ・ルパン
アルセーヌ・ルパン
Arsène Lupin

フランスの推理小説作家モーリスルブランの小説に登場する怪盗紳士。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アルセーヌ・ルパン

M.ルブランの書いた冒険推理小説の主人公。《怪盗紳士アルセーヌ・ルパン》(1907年)で初登場。パリ警視庁のガニマール警部に追われながら神出鬼没の活躍をする怪盗で,《水晶の栓》《アルセーヌ・ルパン対シャーロック・ホームズ》《8・1・3》など十数作がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルセーヌ・ルパン
あるせーぬるぱん
Arsne Lupin

フランス推理作家モーリス・ルブランの創作した怪盗紳士。1907年『怪盗紳士』で登場したこの怪盗は、また同時に頭脳明敏な探偵でもあり、変化自在の変装の名人でもあり、あるときはパリ警視庁の総監に化けて、4年間も警視庁を自分の指揮下に治めるというスーパーマンぶりだった。ハンサム、機知があって、ユーモアに富み、かなりの自信家だが、女性に恋するときは純情、どんな不可能と思われる盗みもやすやすとやってのけるが、貧しい者からは盗まず、対象は不正政治家や実業家ばかりという義賊ぶりを発揮する。その明敏な頭脳でこんどは逆に無実の容疑者を助けたり、いろいろの事件の真犯人を捜し出したりもして、ルパンは終わりのほうの物語では、完全な探偵役に回ってしまうこともある。この英雄キャラクターをもとにして、多くの映画、パロディーコミックがつくられている。[梶 龍雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルセーヌ・ルパンの関連キーワードルパン赤い数珠赤い輪ジェリコ公爵虎の牙バール・イ・ヴァ荘真夜中から七時までルパン最後の事件ルパンの冒険アルセーヌ・ルパン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルセーヌ・ルパンの関連情報