コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルノーゲン あるのーげん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルノーゲン
あるのーげん
alunogen

含水硫酸アルミニウムの鉱物。形態は多く繊維状で、その微結晶からなる皮膜や塊状集合をなす。可溶性。水に溶けて再結晶を繰り返すと、aあるいはb軸方向に伸びた柱状結晶となるが、乾燥気候地帯でしか見られない。
 風化された黄鉄鉱などを含む泥岩の表面や、黄鉄鉱を含む硫化物鉱床の酸化帯に生成され、また石炭層の分解物として、あるいは比較的低温の噴気作用や温泉作用の産物として生成される。日本では神奈川県足柄下(あしがらしも)郡箱根町大涌谷(おおわくだに)で火山噴気作用の産物として産し、長野県長野市鬼無里(きなさ)では凝灰岩の表面に産する。金属鉱床の酸化帯では秋田県鹿角(かづの)市尾去沢(おさりざわ)鉱山(閉山)から報告されている。舎利塩epsomite(化学式Mg[SO4]・7H2O)、苦土毛礬(くどもうばん)pickeringite(MgAl2[SO4]4・22H2O)、石膏(せっこう)などとともに産する。
 同定は繊維状の形態。非常に低い硬度。可溶性。苦土毛礬や毛礬はより繊維が長くなる。これら二種は繊維の表面がやや平滑で絹糸光沢が強い。なめるとこれらは苦いが、味で区別するには微量のものを水に溶かして比べないとわからず、純粋な試料を用意する必要がある。英名はラテン語のalumen(ミョウバン)とギリシア語のgenos(製造)を結合させたもの。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアルノーゲンの言及

【アルミニウム鉱物】より

…特にイタリアのローマ北方,トルファ付近より産出したミョウバン石は硫酸アルミニウム,アルミナの原料としてその処理状態がG.アグリコラによって図示説明されている(1556)。また日本では火山・温泉地帯の硫気孔に岩石を積み,硫気の作用によりアルノーゲンalunogen Al2(SO4)3・18H2Oを発生させ,これを水に溶解精製し硫酸アルミニウム,カリミョウバンの原料とした。このアルノーゲンおよび鉄ミョウバン石halotrichite Fe2+Al2(SO4)4・22H2Oは硫酸塩類鉱物として,硫化鉄鉱物を含む粘土類の分解生成物で,温泉地帯の硫気孔周辺,たとえば箱根大涌谷,別府明礬温泉などに産出する。…

※「アルノーゲン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルノーゲンの関連キーワードアルノーゲン(データノート)苦土明礬

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android