コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルバータ[州] アルバータ

百科事典マイペディアの解説

アルバータ[州]【アルバータ】

カナダ西部の州。プレーリー西端にある。ロッキー山脈の主要分水界を西境とし,その東側の大平原は世界的な春小麦の産地。1947年州都エドモントンで石油が発見されて以来,天然資源の宝庫として注目されるようになった。
→関連項目カナダカルガリージャスパー国立公園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルバータ[州]【Alberta】

カナダ西部の州。面積66万1185km2。人口274万7000(1995)。州都で最大の都市はエドモントン,第2の大都市はカルガリー。カナダの主要民族とされるイギリス系,フランス系以外の人びと,ドイツ系,ウクライナ系,北欧系の多いことが特徴である。インディアンも多い。州名は1878年から83年までカナダ総督を務めたローヌ侯の夫人でビクトリア女王の王女,ルイズ・キャロライン・アルバータにちなむ。彼女は州最大の観光地バンフ国立公園のルイズ湖にもその名を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルバータ[州]の関連キーワードルイズ・キャロライン・アルバータオイルサンドカナダ西部

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルバータ[州]の関連情報