コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルフォンソ13世 アルフォンソじゅうさんせい Alfonso XIII, Léon Fernando Maria Isidro Pascual Antonio

2件 の用語解説(アルフォンソ13世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルフォンソ13世
アルフォンソじゅうさんせい
Alfonso XIII, Léon Fernando Maria Isidro Pascual Antonio

[生]1886.5.17. マドリード
[没]1941.2.28. ローマ
スペイン王 (在位 1886~1931) 。アルフォンソ 12世の子。父の死後6ヵ月目に生れ,ただちに即位。 1902年 16歳の誕生日に親政を開始するまで,母のマリア・クリスティナが摂政となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

アルフォンソ13世
Alfonso ⅩⅢ


1886 - 1941
スペイン国籍。
元・スペイン国王。
アルフォンソ12世の死後誕生し、その日に即位、母后マリア・クリスティナが摂政となった。16才より親政時代となるが、キューバフィリピンを失い、米西戦争の敗北の頃で、経済危機労働運動が激化していた。’23年にプリモ・デ・リベラクーデターが王政を救ったが、’30年に独裁制が倒れ、’31年に共和国が成立すると、国王は退位することなく王権の一時停止という形でフランスに亡命した。’75年に孫の現国王が即位し、スペインに王政が戻った。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルフォンソ13世の関連キーワードマドリード条約馬徳里マドリード王宮マドリッドマドリード・バレエ団アマドリ化合物マドリードのスペイン広場標章の国際登録に関するマドリード協定マドリード攻防《マドリード手稿》

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone