コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルミナ磁器 アルミナじきalumina porcelain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルミナ磁器
アルミナじき
alumina porcelain

酸化アルミニウム (アルミナ) を高温で焼成して磁器化したもの。アルミナの結晶であるコランダム α-Al2O3 を,配合,微粉砕,調整,成形の工程を経て,1500~1800℃の高温で焼成する。耐熱・耐食性に優れ,機械的に強く,硬度が大で耐摩耗性が高いほか,高温での電気絶縁性が大きいことや,良好な高周波特性をもつこと,さらに熱伝導率が高いなどの特徴をもつ。その性能は磁器中のアルミナ含有量によって異なり,含有量が多いほどアルミナ本来の性質を反映した磁器がつくれる。高温炉材,熱電対保護管や,真空管のスペーサ,レードムなどの電子管などにアルミナ磁器が多用されるようになったほか,集積回路における基板部品として利用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アルミナ磁器【アルミナじき】

酸化アルミニウム(アルミナ)Al2O3粉末を成形,焼結した磁器。堅くじょうぶで耐熱性,伝熱性,透光性,耐食性,高周波絶縁性にすぐれる。切削用バイト,熱電対保護管,るつぼ,高周波絶縁材料,集積回路基板,高輝度照明ランプ,人工歯根,人工関節等に使用。
→関連項目特殊陶磁器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルミナじき【アルミナ磁器 alumina ceramics】

酸化アルミニウム(アルミナ)の焼結体で,工業的に製造,利用されている材料の総称。窯業製品の中でも,とくに技術の蓄積が豊かな材料であり,品質の高級性,安定性,信頼性,量産性,互換性などに優れる。酸化アルミニウムの特性として,優れた耐熱性,硬質性,耐食性,絶縁性,伝熱性,透光性があるので,多方面の用途がある。とくに絶縁性,伝熱性を生かすため高純度,緻密(ちみつ),精密に作られたものは集積回路の基板あるいはパッケージ材料として,また上記のすべての特質を生かすものとして透光性の管状のものは高輝度照明ランプに使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アルミナじき【アルミナ磁器】

アルミナを主原料とする焼結体。硬質性、電気絶縁性、耐食性などにすぐれているため、 IC の基板、切削工具、るつぼなどのほか、人工歯根や人工骨への利用も試みられている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

アルミナ磁器の関連キーワード酸化アルミニウム切削工具絶縁材料人工歯根るつぼ人工骨

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android