コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンドル・ネフスキー アレクサンドル・ネフスキーAleksandr Nevskii

3件 の用語解説(アレクサンドル・ネフスキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクサンドル・ネフスキー
アレクサンドル・ネフスキー
Aleksandr Nevskii

[生]1220頃
[没]1263.11.14. ゴロジェツ
ロシアの英雄,ウラジーミル大公 (在位 1252~63) 。初めノブゴロドの公に封じられ (36) ,1240年スウェーデン十字軍を奇襲作戦によってネバ河畔で壊滅させ,市とフィンランド湾沿いの通商要地を確保したことにより「ネフスキー」の称号を得る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アレクサンドル・ネフスキー

中世ロシアの大公。1240年侵入したスウェーデン軍をネバ川に破り,1242年ドイツ騎士修道会の軍をペイプス(チュド)湖の氷上で撃破。当時ロシアはモンゴル人の支配下にあったが,彼はこれを利用して西欧の圧力に対抗した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アレクサンドル・ネフスキー
あれくさんどるねふすきー
Александр Невский Aleksandr Nevskiy
(1220ころ―1263)

ロシアの政治家、武将。ノブゴロド公(1236~1251)。1252年からウラジーミル大公。スズダリのヤロスラフ・フセボロドビチ公の子。1240年7月15日ネバ河畔でスウェーデン軍を撃破し、この勝利により「ネフスキー」(「ネバ川の」の意)の名を得た。さらにドイツ騎士団の侵攻に対し、1242年4月5日チュド(ペイプス)湖の氷上の戦いで大勝を得、ロシア北西部に対する外敵の侵入を防ぎ、国民的英雄とされた。卓見のある政治家として、彼はキプチャク・ハン国とは協調しながら、内に大公権力の強化に努めた。ハン国からの帰途、1263年11月14日に死去。[伊藤幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アレクサンドル・ネフスキーの関連キーワード禅暁公示地価詠歌一体西使記大乗寺冷泉為相チェンライ弘長新制若松寺大乗寺

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone