コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレティーノ Aretino, Pietro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレティーノ
Aretino, Pietro

[生]1492.4.19. アレッツォ
[没]1556.10.21. ベネチア
イタリアの詩人,劇作家。青年時代ペルジャで文学修業につき,1517年ローマに出た。同地でアゴスティーノ・キージやジュリオ・デ・メディチ枢機卿の庇護を受け,政治詩や風刺詩を発表,多くの王侯貴族にその辣腕を恐れられた。アリオストが彼を「王侯の鞭」と名づけたことは有名。主著,詩集『新作品』 Opera nova (1512) ,『書簡集』 Lettere (21~22) ,風刺的対話集『談論』 Ragionamenti (36) ,喜劇『娼婦』 La cortigiana (25) ,『タランタ』 La Talanta (42) ,『偽善者』L'ipocrito (42) ,『哲学者』 Il filosofo (44) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アレティーノ【Pietro Aretino】

1492‐1556
イタリアの劇作家,風刺文学者,艶本作家。アレッツォのしがない靴屋の子だが,ローマで教皇レオ10世に仕えて文名を高めるとベネチアに定住。ここから代々のローマ教皇フランソア1世,カール5世からミケランジェロに至る世界一流名士に手紙を送って,聖ピエトロ騎士という名誉ある称号や金品美術品等をたっぷり手に入れた。返礼しない名士はあくどい毒舌と風刺の対象にされた。独特の書簡文学がつくり出されたのである。《遊び女》(1526),《哲学者》(1546)など5編の喜劇は風刺がきき世相がうかがわれる佳作である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アレティーノ
あれてぃーの
Pietro Aretino
(1492―1556)

イタリアの詩人、劇作家。ルネサンス人のもつ自由で闊達(かったつ)な気風をもっとも鮮やかに体現した文学者の一人。フィレンツェ近くのアレッツォに靴職人の子として生まれる。ローマの銀行家や法王など権力者の庇護(ひご)を受けながらも、王侯貴族の生活をあばく痛烈な風刺作品を次々と書きまくった。しかし彼の自由奔放な生き方は、一部からは敬遠されながらも、人柄のよさと相まって、広い共感を失うことがなかった。代表作に喜劇『遊女』(1526)、『タランタ』(1542)、『哲学者』(1544)、詩集『アンジェリカの涙』(1538)、『書簡集』(1521~1522)がある。[小林 惺]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアレティーノの言及

【イタリア演劇】より

…彼の喜劇は現在《オリンピア》《仇どうしの兄弟》など14編しか残っていないが,古代ローマ喜劇と同じような食客,召使,衒学(げんがく)者などが登場する類型的なイタリア喜劇であった。あえて卑わいさもいとわないような世俗精神の持主であった,P.アレティーノのいくつかの喜劇《宮廷喜劇》《偽善者》《哲学者》などもルネサンス演劇の中で重要な位置を占める。しかし,ここではベオルコAngelo Beolco(1502‐42)の名を落とすことはできない。…

※「アレティーノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アレティーノの関連キーワードサンソビーノ(Jacopo Sansovino)エロティシズムイタリア文学イタリア演劇フランソア4月20日

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android