コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレルヤ アレルヤalleluia

翻訳|alleluia

6件 の用語解説(アレルヤの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレルヤ
アレルヤ
alleluia

ユダヤ教の用語で「主をほめたたえよ」を意味し,旧約聖書の『詩篇』の初めと結びにしばしば現れる。古くはアンティフォナとして歌われたものであろう。のちキリスト教に取入れられ,ギリシア正教ローマカトリック,聖公会,一部のプロテスタント会派で用いられるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アレルヤ

ヘブライ語で〈神をたたえよ〉の意味の言葉の音訳。ハレルヤHallelujahともいう。旧約聖書では詩編において文頭や文末に数ヵ所,新約聖書では黙示録(19の1〜6)にこの語が用いられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

アレルヤ

オーストリアの作曲家ヨーゼフ・ハイドンの交響曲第30番(1765)。原題《Alleluja》。名称はアレルヤ聖歌の旋律が採り入れられていることに由来する。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アレルヤ【Alleluia[ラテン]】

〈神をたたえよ〉という意味のヘブライ語の音訳。キリスト教で喜びの表現に用いられる間投詞。国によっては〈ハレルヤHallelujah〉ともいう。聖書では《詩篇》に見られる。中世ヨーロッパでは農夫が畑仕事中に唱えたり,兵士がときの声に用いたりしたという。現行のカトリック教会の典礼では教会暦に応じてさまざまな詩句と結びつき,復活祭直前の期間(四旬節)を除いて常にミサ中で福音書朗読の前に唱えられ,あるいは歌われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アレルヤの関連情報