コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンクル・トムの小屋 アンクル・トムのこやUncle Tom's Cabin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンクル・トムの小屋
アンクル・トムのこや
Uncle Tom's Cabin

アメリカの女流作家 H.ストーの小説。 1851~52年,奴隷制廃止運動の機関誌『ナショナル・イアラ』 The National Eraに連載,52年刊。同年劇化され大ヒットした。信仰心の厚い奴隷トムは所有者の負債のために次々に売られ,最後は逃亡した女奴隷たちの行くえを明かさないために残忍な主人レグリーに拷問されて死ぬ。一方子供を連れて逃げた女奴隷イライザは,さまざまな苦難ののち夫と再会して自由の国カナダに去る。第2次逃亡奴隷取締法 (1850) による奴隷の悲惨な状態を描いたもので,メロドラマ的な面はあるが,作者のキリスト教的人道主義は読者に深い感銘を与え,大きな反響を呼んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アンクル・トムの小屋【アンクルトムのこや】

米国の女性作家ストーHarriet Beecher Stowe〔1811-1896〕の小説。《Uncle Tom's Cabin》。1852年刊。キリスト教徒の黒人奴隷トムが転々と売られ,ついに白人の鞭(むち)に倒れるまでの悲惨な生涯を描く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンクル・トムの小屋
あんくるとむのこや
Uncle Tom's Cabin

人道主義の立場から奴隷制を批判したアメリカの女流作家ストー夫人の小説。1852年刊。出版後1年で30万部以上を売り尽くし、世界的な名声を得た。ケンタッキー、ルイジアナの農園を背景に、善良な黒人奴隷トムがたどる悲惨な境涯を描いている。一時はやさしい主人セント・クレアとその娘エバのもとで幸福に暮らすが、2人の死によりふたたび売られて悪魔のような奴隷商人レグリの手に落ち、鞭(むち)と責め苦で非業の死を遂げる。奴隷制擁護論者の激しい攻撃に対し、作者は『アンクル・トムの小屋への手引』(1853)を著し、この物語の真実性を例証した。[関口 功]
『吉田健一訳『アンクル・トムス・ケビン』全二冊(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アンクル・トムの小屋の関連キーワードストー(Harriet Elizabeth Beecher Stowe)アメリカ合衆国史(年表)総合年表(アメリカ)水夫としての2年間ブラック・シネマショー・ボートアメリカ演劇ビゼテリー家ビーチャーアダムズ中国演劇地下鉄道欧陽予倩林紓話劇

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンクル・トムの小屋の関連情報