コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アングルシー島 アングルシーとうIsle of Anglesey

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アングルシー島
アングルシーとう
Isle of Anglesey

イギリスウェールズ北西部の単一自治体(ユニタリー unitary authority)。ウェールズ語では Ynys Môn。アイリッシュ海南東部に位置し,狭いメナイ海峡により本土から分けられたアングルシー島と,西岸沖のホーリー島からなる。行政府所在地は,アングルシー島中部の市場町ランゲブニ。ホーリー島の中心都市はホリーヘッド。旧アングルシー県と全域が重なる。1974年の自治体再編でグウィネズ県に属するアニスモーン地区となり,1996年現名称に改称して単一自治体となった。アングルシー島は,地質的にはイギリスで最も古い地域の一つで,基盤は先カンブリア時代の岩石からなり,その上を下部古生層が覆っているが,ところどころに基盤の岩石が露出し,全体に削剥されて準平原化した低平な地形に起伏を与えている。島内には先史時代の遺跡が多く,早くから人が住んでいたと考えられるが,前100年頃にはケルト人が入植し,ドルイド教(→ドルイド)の信仰中心地として知られるようになった。これを滅ぼすためウェールズに侵入したローマ人が 78年島を占領。ローマ人撤退後,アイルランド人,サクソン人,バイキング,ノルマン人などにしばしば侵入されたのち,イングランドのエドワード1世(在位 1272~1307)に征服された。中世には北ウェールズ有数の穀作地帯となり,羊毛工業も発展。18世紀後半北東部で銅鉱床が発見され,1775年以降大規模な開発が進み,一時は世界の銅市場を支配したが,1871年閉山。現在主産業は農業,牧畜,養豚などであるが,海岸地帯は保養地として知られ,観光業も重要。本土とアングルシー島,アングルシー島とホーリー島とは鉄道・道路橋で結ばれている。単一自治体面積 715km2。単一自治体人口 6万8700(2004推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アングルシー‐とう〔‐タウ〕【アングルシー島】

Isle of Anglesey》英国ウェールズ北西部の島。本土の町バンゴールメナイ橋ブリタニア橋によって結ばれる。西方には属島ホリー島がある。主な町はビューマリス。古代ローマ人の侵入以前、古代ケルト人によりドルイド教が信仰されていた島として知られる。新石器時代や古代ローマ時代の遺跡も多い。13世紀にイングランドの支配下になり、18世紀に石炭採掘で栄えた。現在の主産業は観光業と農業。アングルジー島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アングルシー島
あんぐるしーとう
Anglesey

イギリス、ウェールズ北西部に位置する島。西に属島のホーリー(別名ホリヘッド)島をもち、鉄道・道路橋で結ばれる。グレート・ブリテン島とは幅200~400メートルの狭いメナイ海峡で隔てられている。面積714平方キロメートル、人口6万6828(2001)。おもに先カンブリア系の岩石からなる平坦(へいたん)な島で、付近の最高点はホーリー島のホリヘッド山(220メートル)。本土とは道路橋と鉄道橋で結ばれる。農業、牧羊、観光が主産業。アイルランド行きの定期船が出港するホリヘッドと、メナイ海峡に臨むボーマリスがおもな町。古名をモナ島といい、古代ケルト人に信仰されたドルイド教が存在した。[小池一之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アングルシー島の関連キーワードグウィネズのエドワード1世の城群と市壁群ウィルファ原子力発電所ビューマリス城スチーブンソンホーリーヘッドテルフォードカーナーボン

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アングルシー島の関連情報