コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンサンブル ensemble

翻訳|ensemble

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンサンブル
ensemble

元来フランス語の一緒に,ともになどを意味する副詞,あるいは統一調和を意味する名詞で,複数の品が寄集って一体になったものの意。服飾ではひとそろいの衣服や装身具を意味し,前者には同一の生地を用い,関連のある統一のとれたデザインにまとめられたジャケットスカート,ジャケットとドレス組合せなど,後者には同じ材料や色,柄によるネックレスとイヤリングの一組などがある。また音楽では,2人以上数人の重唱小人数による合奏のグループ,室内楽管弦楽におけるそのなかの特定の楽器群をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アンサンブル(〈フランス〉ensemble)

《共に、の意》
服飾で、ドレスとコート、上着とスカート、靴とバッグなどの材質・色調の調和のとれた組み合わせ。
音楽用語。
㋐小人数の合奏・合唱。また、合奏団・合唱団。
㋑演奏の調和のぐあい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アンサンブル【ensemble】

合奏。合唱。重奏。重唱。
演奏団体。
合奏や演技の調和の具合。 「 -が良い」
組み合わせて着ることを意図して作られた一そろいの服。スカートとブラウス、ワンピースとジャケットなど。
長着と羽織を同じ布地で仕立てた和服。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンサンブル
あんさんぶる
ensemble

フランス語で統一、調和を意味することばで、服飾では、組み合わせて着ることを意図してデザインされた、二つ以上のものからなる服の一そろいのことをいう。ジャケット、スカート、ズボン、ブラウス、セーター、コートなどが、素材、色柄、形のうえで、それぞれ同質または異質の関連性をもち、それらを組み合わせることによって、初めて全体的調和が生まれるものをいう。服だけではなく、装身具、バッグ、靴、靴下、帽子、手袋などまで含めてデザインされる場合もある。なお、音楽では複数による演奏(重唱、重奏)をさす。[田村芳子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アンサンブルの関連キーワードスリー・リズム[three rhythm]アンサンブル[ensemble(仏)]ラ・カペラ・レイアル・デ・カタルーニャタヴァナー・コンソート&プレイヤーズジョン・ウィリアム スティーブンスヴォーカル・アンサンブル・カペラアレクサンドル アレクサンドロフバッハ・コンチェルティーノ大阪ドヴォルザーク(ドボルザーク)ムジカ・アンティクヮ・ケルンノリス・ジョーンズ シローネローザンヌ器楽アンサンブルパイヤール室内管弦楽団アンサンブルコンテストアルフレッド デラーアンサンブル(音楽)パティ ウォーターズラ・ヴェネシアーナマルティン ヴトケマルセル クーロー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンサンブルの関連情報