コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンティグア アンティグアAntigua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンティグア
Antigua

別称アンティグアグアテマラ Antigua Guatemala。グアテマラ南部の都市。サカテペケス県の県都。首都グアテマラ市の西南西約 20kmの中央高地にあり,標高約 1500m。スペイン植民地時代にはグアテマラ総督領の首都で,副王政庁の置かれたメキシコシティーとリマの中間に位置する重要な都市であった。 1527年現在のシウダードビエハの地にサンチアゴデロスカバイェロス Santiago de los Caballerosとして建設されたが,アグア火山の噴火により破壊されたため,1542年北東方の現在地に新たに首都として建設された。しかしこの町も 1773年地震で大破,首都はさらに北東に移されグアテマラ市と呼ばれ,この旧首都はアンティグアカピタル (スペイン語で「古い首都」の意) あるいは単にアンティグアとして知られるようになった。現在のアンティグアはおもに植民地時代の建築物の遺構で有名で,市内いたるところに古い修道院や聖堂などの跡があり,政庁舎や個人の邸宅など再建されたものも多い。植民地時代の歴史博物館の観を呈する市街は,1979年世界遺産の文化遺産に登録。気候にも恵まれ,火山に囲まれた風光明美な地にあることから,グアテマラ有数の観光・保養地となっており,また首都の郊外住宅地としても発展している。人口2万 715 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アンティグア(Antigua)

グアテマラ中南部の都市。正式名称はアンティグア‐グアテマラ。スペイン植民地時代の首都だったが、1773年の大地震により、現在の首都グアテマラシティーに移転。コロニアルスタイルの教会などの建造物が数多くあり、1979年に「アンティグア‐グアテマラ」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

アンティグア【Antigua】

グアテマラ南西部のサカテペケス県の県都。アンティグア・グアテマラともいう。人口2万7000(1988)。1527年にスペイン人によって設立されたシウダー・ビエハの近くに,42年にグアテマラ総監領の首都として建設され,中央アメリカでもっとも壮麗で文化的な都市となり,人口も6万を数えた。1773年,大地震で壊滅的な打撃を受けたために,首都はグアテマラ市に移された。植民地時代につくられた建物が,いまだ多く残っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンティグア
あんてぃぐあ
Antigua

中央アメリカ、グアテマラ中南部の古都。正称はアンティグア・グアテマラAntigua Guatemara。人口1万6357(1994)。首都グアテマラ市の南西24キロメートル、アグア火山山麓(さんろく)の標高1500メートルに位置する。1979年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。スペイン植民地時代の首都であったが、1773年の大地震で壊滅したため、1776年グアテマラ市に首都を移した。総督府、大寺院など当時の廃墟(はいきょ)が残っている。現在は周辺のコーヒー栽培地域の中心地となっている。[栗原尚子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアンティグアの言及

【グアテマラ】より


[歴史]
 グアテマラはもともとマヤ系の先住民が多く住んでいた場所で,彼らははじめユカタン半島で優れた文明を築いたが,ついで中部高原に進出し,いくつかの小王国を建設していた。1520年代になると,エルナン・コルテスの部下のペドロ・デ・アルバラドらのスペイン人征服者がメキシコより南下し,1541年にはアンティグア市が建設され,グアテマラ総監領が置かれた。鉱物資源に乏しかったため,主として牧畜と農業を中心に植民地社会が営まれた。…

※「アンティグア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アンティグアの関連キーワードセント・ジョンズ(アンティグア・バーブーダ)自国通貨に「ドル」の呼称を使用している国アンティグア・バーブーダの要覧ボールドウィン スペンサーアンティグア・バーブーダアンティグア・バーブーダ全米熱帯まぐろ類委員会アンティグアバーブーダローランド プリンス小アンティル[諸島]リーワード[諸島]カリブ自由貿易連合グアテマラ(都市)グアテマラ(市)小アンティル諸島東カリブ諸国機構グアテマラ[市]モントセラット島セント・ジョンズモントセラト島

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンティグアの関連情報