コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンデルシュ Andersch, Alfred

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンデルシュ
Andersch, Alfred

[生]1914.2.4. ミュンヘン
[没]1980.2.21. スイス,ベルツォーラ
西ドイツの作家。ギムナジウムから商業学校を経て 18歳で共産党に入党,青年部の幹部として活動したため,1933年にダッハウ強制収容所に6ヵ月間拘禁され,のちに召集されたがイタリア戦線で脱走,アメリカ軍の捕虜になった。戦後 H.W.リヒターらと雑誌『叫び』 Der Rufを発刊,さらに「47年グループ」を結成した。現代社会に鋭く切込むアクチュアルな作家で,社会的束縛ないし全体主義国家と個人の自由の問題を主要なテーマとする。主著『ザンジバル』 Sansibar oder der letzte Grund (1957) ,『赤毛の女』 Die Rote (60) ,『エフライム』 Efraim (67) 。ほかに自伝『自由のさくらんぼ』 Die Kirschen der Freiheit (52) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アンデルシュ

ドイツの作家。共産主義青年同盟に加わっていたが強制収容所で転向し,第2次大戦ではイタリア戦線で脱走した。この脱走を根本体験として市民的秩序や理念の拒否,実存的自由への脱出をうたいあげた小説《自由のさくらんぼ》(1952年)や《ザンジバル》で注目され,その後の《赤毛の女》(1960年)や《エフライム》では語りの技法を評価される一方,通俗化の危険を指摘された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンデルシュ【Alfred Andersch】

1914‐80
ドイツの作家。共産主義への共鳴と反ナチス活動により強制収容所に投ぜられ,転向,従軍を経て米軍捕虜収容所で敗戦を迎えた。1946年にH.W.リヒターとともに発刊した雑誌《叫びDer Ruf》は戦後文学ののろしとなり,のちに〈47年グループ〉が結成される機縁となった。同グループの中心的作家の一人。《ザンジバル》(1957),《赤毛の女》(1961)などの長編のほか,放送劇テレビドラマにも手を染めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンデルシュ
あんでるしゅ
Alfred Andersch
(1914―1980)

ドイツの作家。2月4日ミュンヘンに生まれる。18歳で共産党に入党したが反ファシズム運動で逮捕され転向、工員生活のあと、1944年にイタリア戦線で脱走、敗戦までアメリカで捕虜生活を送った。戦後は占領下のドイツで、社会主義統一ヨーロッパを主張する雑誌『叫び』を編集したが、占領軍によって発禁処分を受け、文学集団「グループ47」を結成した。党員時代と脱走との報告『自由のさくらんぼ』(1952)、ナチス・ドイツから脱走する5名の人物の抵抗と逃亡のエピソードを同時並列的につづった小説『ザンジバル』(1957)で前衛的作家として認められた。戦争末期の前線での軍事的拒否行動をテーマとした『冬の麦』(1974)、ナチス台頭期にユダヤ人殺害計画の立案者ヒムラーの父親から放校処分を受ける少年の宿命を描いた自伝的小説『殺人者の父親』(1980)など、アクチュアルな問題を扱った小説が多い。1980年2月21日死去。[早崎守俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アンデルシュの関連キーワードリヒター(Hans Werner Richter、作家)ハンス・ヴェルナー リヒター

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android