コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンドリッチ アンドリッチ Andrić, Ivo

6件 の用語解説(アンドリッチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンドリッチ
アンドリッチ
Andrić, Ivo

[生]1892.10.10. ボスニア,トラーブニク
[没]1975.3.13. ベオグラード
セルビアの作家。ザグレブウィーンその他の大学で文学,哲学を修め,学生時代に独立運動に参加したため 14年逮捕された。処女作『エクス・ポント』 Ex Ponto (1918) はこのときの獄中生活の体験に基づいている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アンドリッチ(Ivo Andrić)

[1892~1975]ユーゴスラビアの小説家・詩人。ボスニア‐ヘルツェゴビナ生まれ。ボスニアを舞台とした作品で知られる。1961年にノーベル文学賞を受賞。作「ドリナの橋」「トラブニク年代記」「呪われた中庭」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アンドリッチ

旧ユーゴスラビアの作家。ボスニアに生まれ,ザグレブやウィーンの大学に学ぶ。ボスニアの独立運動に加わり,のち外交官としてイタリアなどに駐在。第2次大戦中はナチス占領下のベオグラードで郷里ボスニアを舞台とする三部作を書き,戦後発表。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アンドリッチ【Ivo Andrić】

1892‐1975
ユーゴスラビアの作家。1961年ノーベル文学賞受賞。ボスニア生れ。ザグレブ,ウィーンなどの大学でスラブ文学と歴史を修め,グラーツ大学で博士号を取得。早くから急進的運動に加わり,サラエボ事件に連座して第1次大戦中を獄中で過ごす。この時の思索をもとに1918年散文詩《黒海より》をまとめ,その後外交官としてヨーロッパ各地を巡りながら,ボスニアの過去に素材を求めた好短編を次々と発表。45年,ナチス占領下のベオグラードで完成した《ドリナの橋》《ボスニア物語》サラエボの女》の長編三部作を発表して世界の注目をあびた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アンドリッチ【Ivo Andorić】

1892~1975) 旧ユーゴスラビア、ボスニアの小説家・詩人。ボスニアを舞台とした小説で知られる。1961年ノーベル文学賞受賞。代表作「ドリナの橋」「トラブニク年代記」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンドリッチ
あんどりっち
Ivo Andri
(1892―1975)

セルビアの作家。ボスニアの零細な手工業職人の家に生まれる。幼くして父を失い、敬虔(けいけん)なカトリック教徒の母の愛に支えられて成長。向学心に燃え、ザグレブ、ウィーン、クラクフの大学で哲学を学んだ。第一次世界大戦中、南スラブ民族解放運動に参加したかどでオーストリア官憲に逮捕され、入獄。この体験から処女詩集『黒海より』(1918)が生まれ、叙情詩人として出発した。1924年以降散文に転じ、短編を得意とした。1923年グラーツ大学よりボスニア史の研究で博士号を受け、その後ユーゴスラビア外務省に入り、第二次世界大戦開始まで西欧諸国で外交官生活を送った。大戦中、ナチ占領下のベオグラードで自宅蟄居(ちっきょ)し、長編小説の執筆に専心した。解放後の1945年、その成果である三部作『ドリナの橋』『ボスニア物語』『サラエボの女』を矢つぎばやに発表し、世界の注目を集めた。続いて『宰相の象』(1948)、『呪(のろ)われた中庭』(1954)を発表し、1961年「自国の歴史の主題と運命を叙述し得た叙事詩的力量」が評価されて、ノーベル文学賞を受賞した。[栗原成郎]
『松谷健二訳『ドリナの橋』(1966・恒文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアンドリッチの言及

【ドリナ[川]】より

…ドリナ川流域地方は第1次世界大戦当初の1914年9~11月,オーストリア軍とセルビア軍が激烈な戦いを繰り返した場所であるし,第2次世界大戦に際しては,枢軸軍に対するパルチザン闘争の主要な舞台にもなった。また,ボスニアのノーベル賞作家アンドリッチの作品《ドリナの橋》は,ドリナ川中流の町ビシェグラードの500年にもわたる歴史を,この川にかかる橋を中心に書きつづった小説として有名である。【柴 宜弘】。…

【ボスニア・ヘルツェゴビナ】より

…20世紀初頭には,モスタル出身のシャンティチAleksa Šantić(1868‐1924)は,詩《エミール》において同名のムスリム女性に寄せるキリスト教徒青年の切々たる恋心を歌い,コチッチPetar Kočić(1877‐1916)は戯曲《狢裁判》で官憲の愚かさを徹底的に笑いのめしている。第2次世界大戦後は,アンドリッチが3部作《ドリナの橋》《ボスニア物語》《サラエボの女》ほか多数の作品を著し,1961年にノーベル文学賞を受賞した。その他,パルチザン戦争体験をユーモラスに描いたチョピッチBranko Čopić(1915‐84),独裁体制の不条理を描いたセリモビッチMeša Selimović(1910‐82)などが活躍した。…

【ユーゴスラビア】より

…また言語の統一とともに各民族間の文学交流が生まれた。とくに20世紀に入ってから,アンドリッチらが編集した《南方文芸》(1918-19)にツァンカルクルレジャらも寄稿して,南スラブ諸族の文化的・文学的な協働が始まった。 20世紀に入って1918年には南スラブ諸族の統一国家ユーゴスラビアが成立するが,この20世紀の文学はスロベニアのモダニズム運動で幕をあける。…

※「アンドリッチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンドリッチの関連キーワードセルビアセルビアモンテネグロSerbiaMontenegroユーゴスラビアン・トライカラード・ハウンドユーゴスラビアン・マウンテン・ハウンドツェサレツユーゴスラビア王国ユーゴスラビア共産党《ユーゴスラビア百科事典》ユーゴスラビア民族運動連合

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンドリッチの関連情報