コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンベードカル アンベードカル Bhīmrāo Rāmjī Ambedkar

5件 の用語解説(アンベードカルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アンベードカル(Bhīmrāo Rāmjī Ambedkar)

[1891~1956]インドの社会改革運動家・政治家。独立インド初代法務大臣不可触民マハールの出身。米英に留学後、不可触民解放運動に挺身(ていしん)。最晩年はマハールカースト成員約30万人とともに仏教に改宗し、新仏教運動の祖となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アンベードカル

インドの政治家・社会改革運動家。出自である不可触民階層の向上,不可触民制の撤廃のため,社会・政治運動を展開した。独立インドの初代法相として憲法制定に尽力。死の直前,数十万不可触民とともに仏教に改宗。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アンベードカル【Bhīmrāo Rāmjī Ambedkar】

1891‐1956
インドの社会改革運動家,政治家。西部デカンの旧不可触民カーストの出身。ボンベイで大学を卒業したあと,アメリカイギリスに留学。1920年ごろから不可触民制撤廃運動に身を投じ,社会改革団体や政党の結成,機関紙の発行,大衆示威運動の指導などに従事した。また独立達成よりも社会改革を優先させるべきであると主張し,ガンディー国民会議派と対立した。独立後は初代ネルー内閣の法相,憲法起草委員会の委員長として活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アンベードカル【Bhīmrāo Rāmjī Ambedkar】

1891~1956) インドの社会運動家。不可触民(ハリジャン)に生まれる。米英に留学後、ハリジャン解放・反カースト運動に尽力。独立インド初代法務大臣。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンベードカル
あんべーどかる
Bhimrao Ramji Ambedkar
(1891―1956)

インドの社会改革運動家、政治家。デカン西部の大カーストで、かつて不可触民カーストの一つとされていた「マハール」の出身。ボンベイ(現、ムンバイ)の大学を卒業したあとアメリカ、イギリスに留学。1920年ごろから不可触民制撤廃運動に献身。社会改革団体や政党を組織し、大衆示威運動を指導した。独立達成よりも社会改革を優先させるという立場から、ガンディーの指導する国民会議派の民族運動を批判。1930~1932年のイギリス・インド円卓会議に、被抑圧階級の代表として出席した。インド独立後は初代ネルー内閣の法相となる。また、憲法起草委員会の委員長として共和国憲法の制定に中心的な役割を果たした。この間、下層民の教育向上にも尽力し、シッダールタ・カレッジをはじめ数多くの教育機関、教育施設を創設した。なお、不可触民制を是認するヒンドゥー教を棄(す)てる決意を1935年に表明していたが、死の2か月前の1956年10月に数十万の大衆とともに仏教へ改宗した。アンベードカルの仏教はカースト制度を否定し、社会貢献を強調しており、従来の仏教と区別して新仏教(ネオ・ブッディズム)とよばれることがあるが、改宗者は自らを単に「仏教徒」と称する。インドの仏教徒の大部分は新仏教徒である。[山崎元一]
『荒松雄著『三人のインド人――ガンジー、ネール、アンベドカル』(1972・柏樹社) ▽アナント・パイ編、S・S・リージ作、村越末男訳『アンベードカル物語』(1985・解放出版社) ▽山崎元一著『インド社会と新仏教――アンベードカルの人と思想』(1988・刀水書房) ▽山崎元一・吉村玲子訳『インド――解放の思想と文学(5) カーストの絶滅』(1994・明石書店) ▽ダナンジャイ・キール著、山際素男訳『アンベードカルの生涯』新版(1995・三一書房) ▽田辺繁治編著『アジアにおける宗教の再生』(1995・京都大学学術出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアンベードカルの言及

【インド[国]】より

… インドの連邦制ではこのように中央に大幅な権限が集中している。独立直後の憲法制定議会の起草委員長を務めたアンベードカルは,1948年11月の草案提出の際に,草案の規定する連邦制は,アメリカのそれと比べてはるかに単一国家に近く,また戦時には単一の仕組みとなるようにできていて他には類を見ないと言っている。実際それは75年からの非常事態の間にほとんど単一国家として機能したといってよい。…

【インド】より

…ヒンドゥー教徒 4億5329万(82.7%)イスラム教徒 6142万(11.2%)キリスト教徒 1422万(2.6%)シク教徒 1038万(1.9%)仏教徒 381万(0.7%)ジャイナ教徒 260万(0.5%)その他(パールシー,ユダヤ教徒など) 222万(0.4%)計5億4795万    注目を引くのは仏教徒の人口である。1951年から61年の10年間に18万人から325万6000人に急上昇し,71年にはジャイナ教徒の数を凌駕するにいたったが,これは不可触民の間に四姓平等を説く仏教を広めようとした不可触民出身のアンベードカル(1891‐1956)のネオ・ブッディスト(新仏教徒)運動によるのである。【前田 専学】
【政治,法律】
 インドの政治と法律については,歴史の上からヒンドゥー,ムスリム(イスラム教徒),イギリス(植民地時代)の三つの制度に分けて述べるのが便宜である。…

【不可触民】より

…ガンディーが〈不可触民制が存在するかぎり独立しても意味がない〉と主張し,民族運動指導と同時に不可触民解放運動に献身したことはよく知られている。一方,不可触民出身のアンベードカルは,ガンディーの運動を温情主義として批判し,ガンディーがヒンドゥー教とバルナ制度の擁護にまわったのに対し,それらの破壊によって初めて不可触民は解放されると主張した。 独立後の50年に施行されたインド憲法には,不可触民制の廃止と指定カースト向上政策の実施がうたわれている。…

※「アンベードカル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンベードカルの関連キーワードゴーカレー社会運動プレース運動家社会改良主義マズダク教ローイ議会改革ファラーイジー運動プラールタナー・サマージ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンベードカルの関連情報