コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーザード

世界大百科事典 第2版の解説

アーザード【Abul Kalam Āzād】

1888‐1958
インド・ムスリムの代表的思想家,政治家。メッカ生れで,のちカルカッタへ移住。厳格な宗教的教育を受けたが,サイイド・アフマド・ハーンの著作に触発され,思想的遍歴をたどり,コーランは科学と矛盾しないとの信念を堅持した。しかしムスリムの近代派であるアリーガル運動に背を向け,反英的デーオバンドDeoband派に接近した。1912年ウルドゥー語週刊誌《ヒラールal‐Hilāl(新月)》を発刊,その政治的・宗教的急進性によってムスリム青年層を引きつけた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アーザードの関連キーワードサイイド・アフマド・ハーンクイット・インディア運動インド・ムスリム連盟ヒラーファト運動インド・ムスリムバージル[峠]サルシャール国民会議派ハーリーザンド朝ラダク奴隷

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android