コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アームストロング砲 アームストロングほう

3件 の用語解説(アームストロング砲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アームストロング砲
アームストロングほう

イギリスのウィリアムジョージアームストロングが 1854年に発明した,火砲を革新した鋼線砲。強度と弾力性を高めるために砲身の内側に鋼線を螺旋状にはめ込み,砲身内に施条した(ライフルを刻んだ)尾栓式の後装砲。射程,精度,発射速度に大きな進歩をもたらした。薩英戦争イギリス艦隊によって,初めて実戦に使われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

アームストロング砲

司馬遼太郎の歴史小説短編集。1988年刊行。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アームストロング砲の関連情報