アームストロング砲(読み)アームストロングほう

  • アームストロングほう ‥ハウ
  • アームストロングほう〔ハウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イギリスのウィリアム・ジョージ・アームストロングが 1854年に発明した,火砲を革新した鋼線砲強度と弾力性を高めるために砲身内側に鋼線を螺旋状にはめ込み,砲身内に施条した(ライフルを刻んだ)尾栓式の後装砲。射程精度,発射速度に大きな進歩をもたらした。薩英戦争イギリス艦隊によって,初めて実戦に使われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (Armstrong gun の訳語) 大砲の一種。アームストロング社製の速射砲、鋼鉄砲。砲身を鋼鉄で作り、内部に螺旋条をつけてある。弾丸を後尾に装填(そうてん)し、発射すると弾丸は進行方向を軸として回転して進む。一八五四年、イギリス人ウィリアム=アームストロングが製作、旧日本海軍で多数購入し、亜式砲と呼ばれた。
※洋兵明鑑(1869か)〈福沢諭吉等訳〉一「アームストロン氏砲、ホアィトオース氏砲及数種の施条砲は善美なれども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android