コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェルマーク Ermak Timofeevich

大辞林 第三版の解説

イェルマーク【Timofeevich Ermak】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イェルマーク
いぇるまーく
Тимофеевич Ермак Timofeevich Ermak
(?―1585)

コサックの首領、シベリアの征服者。ドン・コサックの出身。イワン4世よりオビ川流域の経営を許可された豪商ストロガノフ家によって、イェルマークを首領とする1600余名のコサック部隊がウラルに派遣された(1579年、一説では1581年)。彼の部隊はウラルを越えて前進し、トボル川河口に出た。この地方で勢威を振るっていたシビル・ハン国のクチュム・ハンの大軍を、3日間の激戦ののち撃破し、ハン国の首都シビリ(別名カシュルィク)を占領(1582)。しかしハンはなお勢力をもち、1585年8月6日、コサック部隊を奇襲した。小部隊とともに宿営していた彼は敗れてバガス川河口で溺死(できし)した。伝説的英雄として民謡などの主人公になった。[伊藤幸男]
『阿部重雄著『コサック』(1981・教育社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイェルマークの言及

【エルマーク】より

…西シベリアを征服しロシアによるシベリア併合の端緒をつくったコサック隊長。ロシア語ではイェルマークと呼ぶ。ドン川地方出身ともカマ川地方出身とも言われ,最初はボルガ川を航行する船を襲う略奪コサック団の首領だった。…

※「イェルマーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イェルマークの関連キーワードエフゲニー・プルシェンコヴァシーリイ スリコフS. マカロフチュメニマカロフスリコフ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android