コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イエロー yellow

翻訳|yellow

3件 の用語解説(イエローの意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

イエロー【yellow】

色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかな」としている。太陽の光、ヒマワリなどがイメージされる。一般に、日本語の黄色とほぼ同色。などに次ぐ古い色名の一つ。非常に目立つ色で店の看板などに用いられることが多く、アメリカではタクシーの色として知られる。黒と組み合わせるとさらに際立ち、工事現場などで注意を促す配色として用いられる。また、マゼンタシアンとともに印刷などで用いる色の三原色の一つ。通常のカラー印刷ではこれにブラックを加え、それぞれの色の量を加減して重ねて刷る。このように色を重ね合わせることを減法混色という。多く重ねるほど明るさが減り元の色より暗くなる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イエロー(yellow)

黄色。黄。
イエローカード2」の略。「この試合5枚目のイエローが出る」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

イエロー【yellow】

黄色。黄。
黄色人種の蔑称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イエローの関連キーワード青緑青紫ウィスタリアオリーブグリーン黄赤黄緑グラスグリーン鉄黒マルーンローズレッド

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イエローの関連情報