コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イエーシュ Illyés Gyula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イエーシュ
Illyés Gyula

[生]1902.11.2. ラーツエグレシュプスタ
[没]1983.4.15.
ハンガリーの詩人劇作家,作家。 1919年のハンガリー革命に参加,敗北後,ウィーンベルリン,パリに住んだ。 26年ハンガリーに戻り,28年に最初の詩集『重い大地』 Nehéz földを出版。その後,次々に詩集を刊行し,31~36年の間に4度文学賞を受賞。「民衆派」作家の運動に参加して,その代表的詩人となった。ほかに社会学的記録『プスタの民』 Puszták népe (1936) ,研究論文『ペテーフィ・シャーンドル』 Petöfi Sándor (36) ,戯曲『ドージャ・ジエルジュ』 Dózsa György (56) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イエーシュ
いえーしゅ
Illys Gyula
(1902―1983)

ハンガリーの詩人、作家。1919年の共産革命に参加、フランス亡命中はエリュアールらと親交を結び、帰国後は文芸誌『西洋』グループに加わり、もっぱら自由詩を書いた。1930年代「民衆派」運動の推進者で、自伝的長編『プスタの民』(1936)と評伝『ペテーフィ』(1936)は労作。詩集は処女作『重い大地』(1928)など多数。『ドージャ・ジェルジュ』(1954)などの戯曲もある。『曳(ひ)き舟のカーロイ』(1969)は老いをテーマとした話題作。[岩崎悦子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イエーシュの関連キーワードハンガリー文学ヨージェフ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イエーシュの関連情報