イオン化傾向(読み)イオンカケイコウ

デジタル大辞泉の解説

イオンか‐けいこう〔‐クワケイカウ〕【イオン化傾向】

金属が水溶液中で示す、陽イオンになろうとする傾向カリウムカルシウムナトリウムなどは傾向が大で、・銀・金などは傾向が小。
[補説]主な金属をイオン化傾向の大きい順に並べると次のようになる。K(カリウム)>Ca(カルシウム)>Na(ナトリウム)>Mg(マグネシウム)>Al(アルミニウム)>Mn(マンガン)>Zn(亜鉛)>Cr(クロム)>Fe(鉄)>Cd(カドミウム)>Co(コバルト)>Ni(ニッケル)>Sn(スズ)>Pb(鉛)>(H(水素))>Cu(銅)>Hg(水銀)>Ag(銀)>Au(金)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

イオン化傾向【イオンかけいこう】

原子または分子のイオン化の難易。一般には金属が溶液中で陽イオンとなる傾向をいう。この傾向は金属の種類,溶液の濃度などによって異なり,普通一定条件のもとにおける電極電位を比較する。主要金属についてのその順序は大きいほうからK,Ca,Na,Mg,Al,Zn,Cr(II/),Fe(II/),Cd,Co(II/),Ni,Sn(II/),Pb,Fe(III/),(H),Cu(II/),Hg(I/),Ag,Pt,Au。硫酸銅溶液中によくみがいた鉄釘を入れたとき,その表面に銅が析出するのは,鉄のイオン化傾向が銅より大きいためである。→電気化学列
→関連項目亜鉛電池卑金属

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イオンかけいこう【イオン化傾向 ionization tendency】

原子や分子のイオン化されやすさをいう。金属の場合には,溶液中で陽イオンに酸化される傾向のことで,定量的には金属の標準電極電位(平衡電極電位)で表される。溶媒が水のときの主要な元素のイオン化傾向の順は, K>Ca>Na>Mg>Al>Zn>Cr>Fe>Cd>Co>Ni>Sn>Pb>(H)>Cu>Hg>Ag>Pt>Auである。このような序列をイオン化列ionization seriesまたは電気化学列electrochemical seriesという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

イオンかけいこう【イオン化傾向】

普通には、金属が水溶液と接したとき陽イオンとなって水溶液中に溶けこもうとする性質の度合をいう。カリウム・カルシウムはイオン化傾向が大、プラチナ・金は小。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android