コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イカルチドリ イカルチドリ Charadrius placidus; long-billed plover

3件 の用語解説(イカルチドリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イカルチドリ
イカルチドリ
Charadrius placidus; long-billed plover

チドリ目チドリ科。コチドリに似ているがやや大きく,全長 19~21cm。額は白く,前頭部に太い黒帯があり,暗褐色の過眼線に連なる。後頭部,背面,,尾は灰褐色。喉から後頭部にかけて白色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

イカルチドリ【long‐billed ringed plover】

くちばしが比較的長い小型のチドリ目チドリ科の鳥(イラスト)。ウスリー地方,朝鮮半島,中国東北部,日本に分布し,北の地方のものは冬,南へ移動する。日本では本州,四国,九州で繁殖し,多くの地方では留鳥。川の中州や河原,湖岸,水田などにすむ。全長約20.5cm。体の上面は灰褐色で下面は白く,顔には黒と白の模様があり,胸には黒い帯がある。脚は淡黄色。繁殖期にはつがいで,繁殖期以外には数羽から十数羽の小群で,水の近くの地上や水ぎわで昆虫などの動物質の餌をあさる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イカルチドリ
いかるちどり / 鵤千鳥・桑
long-billed ringed plover
[学]Charadrius placidus

鳥綱チドリ目チドリ科の鳥。全長約20.5センチメートル。体の上面は灰色みのある茶褐色、下面は白色。顔は嘴(くちばし)の基部から耳羽までが頭上と同じく黒いほかは白色で、頸(くび)に黒帯がある。目の周りが薄い肉色の輪になっている。雌雄同色。アジア大陸極東部に分布する。日本でも全国に分布し、繁殖は本州、四国、九州で認められている。川の中流の中州にすみ、川原の砂地や砂利地に簡単な巣をつくり、3~4卵を産む。[柳澤紀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イカルチドリの関連キーワード川千鳥草鷸白千鳥友千鳥チドリ(千鳥)ウミガラス(海烏)サヤハシチドリ(鞘嘴千鳥)シロチドリ(白千鳥)ツバメチドリ(燕千鳥)ヒバリチドリ(雲雀千鳥)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone