コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イガイ(貽貝∥淡菜貝) イガイMytilus coruscus(=Mytilus crassitesta)

世界大百科事典 第2版の解説

イガイ【イガイ(貽貝∥淡菜貝) Mytilus coruscus(=Mytilus crassitesta)】

外洋に面した岩磯に群がってつく黒色の貝でカラスガイセトガイシュウリガイなどの地方名があるイガイ科の二枚貝(イラスト)。の長さ13cm,高さ6cm,膨らみ4.5cmくらいになり,長卵形。殻頂のほうへ細くなりとがる。殻はやや厚く,乾燥すると壊れやすい。殻表は黒色であるが,潮間帯岩礁に付着する個体は直射日光をうけると黄褐色帯が成長脈に沿ってできる。内面は強い真珠光沢がある。肉は黄橙色で足は小さく,両殻の間から足糸を出して岩に付着する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イガイ(貽貝∥淡菜貝)の関連キーワード外洋

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android