コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イガイ(貽貝∥淡菜貝) イガイ Mytilus coruscus(=Mytilus crassitesta)

1件 の用語解説(イガイ(貽貝∥淡菜貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イガイ【イガイ(貽貝∥淡菜貝) Mytilus coruscus(=Mytilus crassitesta)】

外洋に面した岩磯に群がってつく黒色の貝でカラスガイセトガイシュウリガイなどの地方名があるイガイ科の二枚貝イラスト)。殻の長さ13cm,高さ6cm,膨らみ4.5cmくらいになり,長卵形。殻頂のほうへ細くなりとがる。殻はやや厚く,乾燥すると壊れやすい。殻表は黒色であるが,潮間帯の岩礁に付着する個体は直射日光をうけると黄褐色帯が成長脈に沿ってできる。内面は強い真珠光沢がある。肉は黄橙色で足は小さく,両殻の間から足糸を出して岩に付着する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イガイ(貽貝∥淡菜貝)の関連キーワード磯松外洋花穂寒忌竹黒漆小玉貝雀合戦爪蓮華テーブル珊瑚藪蘇鉄

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone